1〜終まで読む 100〜終まで読む
2013年10エロパロ515: アカイイト/アオイシロ エロ総合スレ〜第六章〜 (268) TOP カテ一覧 スレ一覧 Pink元 削除依頼

つり球でエロパロ 一匹目 (84)
W〜ウイッシュ〜 (830)
一発芸を強要される女の子の小説 (245)
【クロス】ニコニコMUGENでエロパロ13【オーバー】 (121)
格闘美少女無惨敗北公衆面前羞恥陵辱!(スカ注意)4 (515)
抵抗できない女のエロパロ (33)
オルフェウスの窓でエロパロ 【6】 (287)
三雲岳斗作品でエロパロ★2 (178)

アカイイト/アオイシロ エロ総合スレ〜第六章〜


1 :2011/01/11 〜 最終レス :2013/10/02
PS2用ゲーム、アカイイト及びその姉妹作(≠続編)であるPS2用・PC用ゲーム、アオイシロの
・18歳以上を対象とした作品・妄想
・エロ・グロ等の18禁描写を含まざるを得ない作品及び妄想
を受け付けるスレです。
※本スレ・関連スレは18歳未満の人が見ている場合もありますので、
このスレに貼られた18禁作品は転載しないようにお願いします。
※Upロダに作品を上げる時はコメントに18禁作品と分かるように記入して上げてください。
※18禁要素が無い作品でも問題無いです。
※荒らし・煽りは徹底放置して下さい。無視できない人間も同類と見なされます。
◇次スレは>970or480KB超を目安に、臨機応変に立てて下さい。
※必要な事前準備等があれば、>920or450KB超を目安にして下さい。
<前スレ>
アカイイト/アオイシロ エロ総合スレ〜第五章〜
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1230124717/
<関連サイト>
アカイイト/アオイシロ 18禁SSまとめ
ttp://nushisama.sakura.ne.jp/
アカイイト/アオイシロ SSまとめ
ttp://momokoniss.web.fc2.com/
アオアカまとめサイト・・・本スレ・関連スレ及びUpロダはこちらから。(ID:akaiito pass:aoishiro)
ttp://wakasugi.hitobashira.info/
アカイイト/アオイシロ 考察・まとめWiki
ttp://www11.atwiki.jp/wakasugi_orz

2 :
立てた
はっきり言って需要あるかは微妙だが、頭のおかしいヤツに好き勝手されるのが嫌だったんだ
あとは煮るなり焼くなり好きにしてくれ

3 :
>>1
おつぱい

4 :
>>1

てか今度の>>970は踏んだらちゃんと立てような。根方さんの話は置いといて

5 :
>>1乙姫

6 :
>>1

7 :
まだ即判定ってあるのか?

8 :
んじゃ、即回避のため、途中までしか書けてないけどSS投下します
アオのやすみんルート終わりの方、章タイトルでいうと「長子と等しい血を持つ娘」のあたりから
続きは出来次第投下するってことで許して・・・
タイトルは、「月だけがふたりを見てる」

9 :
 こんな状況でなければ、懐かしく思ったかもしれない。
お母さんからは「何があっても卯良島には近づいちゃ駄目」と言われていたにせよ、
ここはわたしの生まれ育ったところなのだ。
 数年ぶりに踏んだ卯良島の土、勝手知ったる生家、そして、――その敷地内で対峙するふたり。
「剣を手に敵に対した時、ましてや真剣を握った相手を前にした時に、別のことを考えるものではない」
 月明かりを鈍く反射する真剣、その切っ先を真っ直ぐに梢子先輩に向け、
根方宗次――かつてわたしの父であった人――は、感情を伴わない声で言い放つ。
対する梢子先輩が手にしているのは、霊験灼かではあるかもしれないけれど、
真剣には敵うべくも無い木刀、蜘蛛討ちだ。
 切られる。梢子先輩が切られてしまう。わたしを背にかばい、勝てる見込みのない相手に
剣を向ける梢子先輩が。それがわかっていながら、わたしの足は動かない。
逃げることはもちろんできず、けれど梢子先輩とお父さんの間に割って入ることもできず、
わたしはただ立ち尽くす。
 目眩を覚えるほどの張り詰めた空気の中、間合いを計る隙さえもなく剣が迫る。
現実と思えない光景を前に、わたしの意識は理性を手放しかけ、為す術もなく
お父さんの剣の軌跡に目を奪われていた。
 刹那、お父さんの手首が不思議な動きをして――梢子先輩の身体に剣が打ち込まれた。
「かはっ――」
 スローモーションで先輩がバランスを崩す。
「今度こそ、クロウサマの御許に行くがいい」
 倒れ込んだ梢子先輩に目をやり、お父さんは冷たく息を吐く。それがきっかけになったのか、
呪縛を解かれたわたしは、先輩の身体を抱き起こそうとした。
「梢子……先輩っ!」
 無理に動かしてはいけない。パニックに陥る寸前の自分を叱咤し、苦しげに横たわる梢子先輩の
怪我の具合を確かめる。服の上からではわかりづらいものの、出血は無さそうだ。
そう、お父さんは剣を打ち込む瞬間、峰を返したのだ。この場ですためではなく、
梢子先輩を贄としてクロウサマに捧げるために。

10 :
お、↑のタイトル間違った 見逃して(;´Д`)

「保巳、来なさい。儀式の準備だ」
「お父さん……」
 8年前と同じことを繰り返すのですか? 問いかけなくても答えはわかる。
悠長に考えている暇は無い。
 落ち着け、わたし。とにかく今は、梢子先輩をここから遠ざけなければ。
頭の中で吹き荒れる嵐をなだめ、目を閉じ、意識を集中させる。梢子先輩を助けるんだ。
梢子先輩を逃がすんだ。梢子先輩を――。
 一瞬の空白の後、わたしは「わたし」を脱けた。中身を失った器――わたしの身体が、
虚ろな音を立ててその場に倒れ込む。
 お父さんの注意が、梢子先輩からわたしの身体の方に逸れた。いや、実際は
それを確かめることすらせず、無我夢中でわたしは先輩の身体に入り込む。
 自分の身体ではない違和感と、先ほどの峰打ちが残す痛みを出来る限り無視し、
わたしは無理やり立ち上がった。お父さんの方は見ない。わたしの身体がどうなっているかも
見ない。今はただ、逃げるのみ。
                          ■
「はぁっ、はぁっ」
 息を切らせてわたしは走る。梢子先輩という依代を借りてわたしが走るのか、
わたしという余計な荷物を抱えて梢子先輩が走るのか。こんな形で愛しい人とひとつになれたことが、
今は悲しい。
「はぁっ、はぁっ」
 闇雲に走っているわけではない――と思いたい。木の葉は森に、ではないけれど、
わたしは常咲きの椿の森に入り込んだ。月明かりの下、どれも同じように見える椿の間を縫って、
少しずつ根方の屋敷から遠ざかりつつあるはずだ。
 クロウサマのお祭りの間、ごく少数の関係者を除いた島の住民たちは、
一切外に出ないことになっている。それに加えて、そもそも常咲きの椿の森は禁足地だ。
ここならば人に見つかる可能性は低いはずと読んで、一時の逃げ場所にこの森を選んだのだ。
「はぁっ、こ、ここまで来れば」
 呼吸を乱したまま、わたしは辺りを見渡した。頭上には、その輪郭に豊かな弧を描く月、
地面には、木から落ちたばかりと見られる無数の――常咲きのはずの――赤い椿の花。

11 :
「なんで……? 何が起こってるの?」
 なぜ常咲きの椿の花が落ちている? 半ば呆けたように佇み、自分の目に映る光景に、
わたしは意識を奪われていた。
 しかし、それも長い時間ではない。腹部を襲う痛みが、わたしを現実に引き戻す。
「先輩の身体……! 怪我の具合を確かめないと」
 いくら峰打ちだったからといっても安心はできない。当たり所や力加減によっては大怪我、
最悪はに至ることもあると聞いている。剣を振るったのがお父さんで、
万にひとつも手元が狂うことなどないにせよ、梢子先輩の身体に何かあっては、わたしが自分を許せない。
 パーカーの前を開き、打たれたところを月明かりに照らしてみた。傷ひとつなかったはずの腹部に、
一筋の線が走っている。十分な明るさがないため色は判然としないが、内出血を起こしているらしい。
「梢子先輩、ごめんなさい……」
 注意深く、その周辺をなぞってみた。少し熱っぽい。触れている指に少し力を入れただけで、
痛みが背筋までも震わせる。
「あ……。当たり前だけど、これ、先輩の身体なんだ……」
 痛みはわたしに、非現実的な状況を改めて認識させた。ずっと憧れてきた梢子先輩の身体に、
わたしは触れている。服の上からではない、素肌に直に触れているのだ。
「先輩の身体、すごく綺麗……」
 内出血の部分を除けば、綺麗という表現ではとても物足りないくらい美しい。
 無駄な力が抜け、半分無意識で、わたしはゆっくりとその場にひざまずく。

12 :
以上、短くてスミマセン
続きは今週中に・・・多分
お邪魔しましたー

13 :
>>1
本スレの八十九も九十も僕が立てた
君は気付かずにレスしていたんだよ
僕も君以上に負けず嫌いでアカアオが好きだ
これからも僕が立て続ける
僕はオサと桂ちゃんと保美と綾代が大好きだ

14 :
何年かエロパロやってるけど>>12の上手さに嫉妬。
GJ!

15 :
>>1
本スレの八十九も九十も僕が立てた
君は気付かずにレスしていたんだよ
僕も君以上に負けず嫌いでアカアオが好きだ
これからも僕が立て続ける。余計な真似はするな
僕はオサと桂ちゃんと保美と綾代が大好きだ

16 :
回避回避

17 :
ホシュっておくか

18 :


19 :
もうちょい保守しといた方が安全か?

20 :
即ってやっぱあるのか?
20レス行ってれば安全かねー

21 :
「25レス以上なら安全」とか
「○○KB以上なら安全」とか聞いたが眉唾。

22 :
関係ないけどさー、コハクさんのエロってあんまりないよね
コハクさんのSS自体少ないのか
台詞が独特だから書きにくいんかね

23 :
いちおうもうちょっと保守しとくか
コハクさん好きなんだけどそういや見ないなー
まあ確かに難しそうではある

24 :
きっと胸が無いかr

25 :
>>11の続き書けました 未読の方は、>>9から読んでいただけるとよいかと
すっごく>>14の書き込みがうれしかったんだけど、後半を読んだら
もうあんな感想はもらえないだろうなと思いつつ投下

26 :

                               ■
 月明かりに幻想的に浮かび上がる、梢子先輩の白い肌、それを私は見下ろしている。撫で回している。
「ちょっと痛いけど……気持ちいい……」
 遠慮がちだった手の動きは次第に大胆になる。そうなると今度は、先輩の胸を覆うタンクトップが
邪魔に見えてくる。
「先輩、少しだけ、……いいですよね?」
 辺りに人影はなく、常咲きと呼ばれた花さえも落ちている。生者のいない、
月だけがわたしたちを見守る世界で、梢子先輩の豊かな胸に、わたしはこっそりタンクトップの下から
手を這わせた。
「すごいっ……! こんなに形がよくて垂れたりしてないのに、でも柔らかい!!」
 暴れるほどの激しさで心音が響いてくる。興奮しているのは梢子先輩? それともわたし? 
普段からさわってみたいと思っていた先輩のふたつのふくらみは、わたしの想像を大きく超え、
掌に心地よい感触を与えてくれる。「でかいムネほどよく垂れる」という諺が裸足で逃げ出すほど、
大きさも形も申し分ない。
「わたし、おっぱい星人じゃなかったはずなんですけど、先輩の胸、夢に出てきそうなくらいすごい……」
 しかし、ふと気になった。
「大きさと形は完璧だけど。……味はどうかな?」
 タンクトップがあっては、味を見るにも具合が悪い。邪魔物は消し去るのみ。わたしは、
パーカーは羽織ったまま袖だけを抜いて――さすがに全裸では肌寒いかもと思ったのだ――
器用にタンクトップだけを投げ捨てた。捨てる前にもちろん、
タンクトップさん今までご苦労様の意味を込めて、頬ずりすることは忘れない。
「では、本格的に行きますよ?」

27 :
 両の手で、まず右の乳房をぐいと持ち上げ、顔を近づけてみる。
白い山の頂上付近を彩る濃いピンクに目を奪われるものの、頂上を制するにはまず裾野から。
窮屈な体勢も何のその、わたしの舌は、先輩の胸に記念すべき第1歩を印した。
「ちょっとしょっぱい、かな?」
 波の飛沫を浴びながら鬼の踏み石を渡り、その後も精力的に動いてきた梢子先輩だから、
それは想定の範囲内だ。むしろ味にメリハリがあってナイスというべきか。
 一心不乱に舐め続けるうち、心なしか甘みが増してくる気がした。舌の感触が肌に刺激を与え、
昂ぶる気持ちが脳内を掻き回して五感を狂わせる、そんな相乗作用の結果だろう。
 ただひとつ惜しいことに、尖端までは自在に舌が届かない。ツンと上を向く頂上も
味わってみたいのに、舌を懸命に伸ばしても、あと少しが及ばないのだ。
「すみません先輩、味見は諦めます……」
 言うまでもなく、諦めるのは「舌での味見」のみだ。舌が駄目なら指がある、
さっきからわたしの指は、尖端を弄びたくてウズウズしている。これ以上はもう待てない。
月に手をかざし突撃準備のポーズを取ると、わたしは一気に目標地点を攻め立てた。
「……え? ひゃっ、はぅっ!」
 わたしは思わず地面に倒れ込んだ。ほんの少し指先で尖端を摘んだだけなのに、
予想以上の衝撃が身体を駆け巡る。
「先輩、感度良すぎですっ……!」
 余韻に震えながら、うつ伏せの状態で呼吸を落ち着かせる。さすがわたしの梢子先輩、
胸の先までもが特注品のように素晴らしい。
「ゆっくり、慌てちゃ駄目。先輩の胸、もっとよく味わわなきゃ」
 気を取り直して再度、周りから徐々に頂点に向かって、焦らすように揉みしだく。
敏感なところをさわりたい、さわって欲しいのに、わざとその部分は避け、わたしは
地面に這いつくばったまま悶絶する。
 痺れる。身体も思考も、降り注ぐ快感に翻弄される。それでいながら貪欲に、
わたしは次の扉に手を掛ける。
「も、もう、我慢できません……。先輩の尖ってるところ、さわっていいですか……?」
 荒い息のまま体勢を仰向けに変え、大地に背中を預けて、わたしは胸をまさぐった。
指の股で尖端を挟む。軽く爪の先で弾いてみる。刺激を与えられるたびに身体も揺れる。
「先輩、梢子先輩っ、いい、すごくいいですっ! ああ、もっともっと目茶苦茶にしたい……!」
 頭の中に靄が掛かったみたいに、思考が追いつかない。思うより先に感じている。
胸だけでは足りない。足の付け根の間――1番いやらしいところが熱くてしょうがない。

28 :
「あ、やっぱり先輩のここ……」
 ショートパンツの上から火照った部分に触れてみると、肌に直接さわったわけでもないのに、
明らかに違和感がある。
 わたしの愛撫で先輩が感じてくれたのか、先輩の舌や手が繰り出す攻めが
わたしを蕩けさせたのか、そんなことはもうどうだっていい。事実はひとつ。
先輩の大事なところが濡れている、ならばわたしは、全力で期待に応えなければ。
 遠慮は捨てた。いや、初めから無かったかもしれないが。とにかく、
ショートパンツの紐を引きちぎるような勢いで緩め、わたしは笑う。
「梢子先輩、わたしと一緒に、……天国まで行きましょう?」
                            ■
 左手は胸の辺りに残したまま、下着の上から、右手で恥丘の辺りを探ってみる。
ショーツの薄い生地を通して、掌にかすかに陰毛の感触がある。
「梢子先輩の髪のイメージからだと、なんとなくここは剛毛かなあなんて思ってたんですけど」
 先輩のゴワゴワの陰毛に頬ずりすることに憧れてもいた。しかし、実際に触ってみると、
これもなかなか柔らかくてイイ感じだ。
「陰毛って……なんだかインモラルな響きですね」
 などと駄洒落もどきを言ってるうちに、指はいつの間にかショーツの下に潜っている。
自分の指ながら油断も隙もあったものではない。あ、今は先輩の指か。まあ細かいことはさておき、
匍匐前進さながらに恥丘を這う指に期待感を煽られ、わたしは文字通り背筋を震わせた。
 まずは指がギリギリ届く範囲の、湿った部分を軽く探ってみた。指に絡みつく陰毛と戯れながら、
少し――ほんの少しだけ躊躇って、中指を窪みの中に浅く沈める。
 くちゅり――
「あ、先輩の中、音がしました……!」
 淫猥な水音。日頃から清廉な梢子先輩には似つかわしくない音が、清廉であるが故に殊に妖しく響く。
 多分、何ものも入ったことのないであろう場所の更に奥を、わたしの指先は窺っている。
しとどに辺りを濡らす蜜は、侵入を歓迎するかのように、あとからあとから湧き出てくる。
これはもう、奥までどうぞウェルカムと言われているに違いない。
「それじゃあ、お言葉に甘えて」

29 :
 待ってましたとばかり、中指は吸い込まれていく。温かい蜜の助けを借り、未踏の地を探り歩く。
日頃からこういう行為に慣れていないのか、たった指1本が通るだけでも先輩の中は窮屈なことこの上ない。
「は……、ん、んぅ、……あ、んっ!」
 無意識に閉じた目蓋の裏で、火花がスパークする。先輩の身体と同様、わたし自身もこんな行為は
初めてなのだ。どんな刺激が来るのか、どう受け止めていいのか、予備知識がないまま攻められている。
「でも、……ここも感じるけど、もう少し上の方も……」
 中で蠢く指だけがわたしを感じさせるのではない。もっと付け根の、指先を動かすたび
縦横に這う第二関節、それに、全体を押し包む掌までもが、先ほどからクリトリスの周辺を擦っているのだ。
「見てみたい、な……」
 他人のはもちろん、自分のその部分も見たことがない、さわったことさえもない。
この千載一遇のチャンスを逃してなるものかっ!
「ちょっとだけ、ちょーっとだけ失礼しますね」
 涎を垂らさんばかりに猛るケダモノに「ちょっとだけ」などという概念は存在しないと知りつつ、
わたしは行動に移す。
 中途半端にはだけているショートパンツとショーツをもう少し下げて、大事な部分を月明かりにかざしてみた。
光量が十分ではないことに加え、そもそも見えにくい場所であるその部分は、自分で見るには体勢が苦しい。
腰を突き出すように浮かせ、わたしは懸命に覗き込む。
「……あ。お月様にも先輩のアソコ見られちゃった……」
 真上の月からだと、もしかしたらよく見えるのだろうか。軽い嫉妬の念を覚える反面、
大事なものを共有しているという仲間意識にも似た感情が湧いてくる。
「一緒に……見る?」
 足を広げやすいように、ショーツ類から完全に片方の足を抜いた。月に向かって開脚する梢子先輩、
これは絶対カメラにでも収めたい光景だけれど(収めたあとの用途はまた別の話)、先輩の携帯は電池切れで、
残念ながら記録に残せない。
「記録が駄目なら記憶が――」
 しかしそれも無理がある。他者の視点で梢子先輩を見ているのではなく、今はわたしが梢子先輩として
自分を見ているのだ。至近距離ではあるもののポジション的に今ひとつで、ベストアングルとは言いにくい。
「仕方ないですね……。じゃあわたしの代わりに、お月様、梢子先輩をちゃんと見ててね?」

30 :
 わたしたちを俯瞰する月と向かい合う恰好で、改めて足を大きく広げた。見られて恥ずかしい、
恥ずかしいけど見られたい、そんな相反する想いが、梢子先輩の大事な部分を更に潤わせる。
 深呼吸の後、わたしは、左手でクリトリスを隠す莢を割り、右の中指で、敏感なところに触れてみた。
「はぅっ……! な、何これ……」
 そっと触れただけなのに、信じ難いほどのインパクトに襲われた。最初はピンポイントの衝撃、
それが一瞬で全身を揺さぶる波に形を変える。奥への入り口を探る刺激が線香花火くらいにしか
思えないほどの、さしずめ超特大ナイアガラ花火を浴びせられた気分だ。
「すご……い、このままじゃわたし、おかしくなっちゃう……」
 言葉とは裏腹に手は止まらない。刺激に耐え、新たな快感を呼ぶために更にクリトリスを指の腹でこねる。
強弱を付け、リズムも微妙に変え、その度に身体は大きく波打つ。梢子先輩と共に、
わたしは底の知れないスパイラルに堕ちていく。
「ね、見てる……? すごいよ、こんなに濡れて……」
 思い切り身体を仰け反らせて、わたしは少しでも上から見やすい体勢を取った。
溢れた蜜が滴となって大地に降り注ぐ。
「ちゃんと見えてる? ね、もっと、見て? 梢子先輩の恥ずかしい姿、もっと見て……」
 クリトリスの更に先、蜜の湧き出るところに、わたしは再び指を入れた。
今度は先ほどのようなお遊びレベルではない、人差し指と中指の2本同時に、
水音高らかに容赦なく突き入れる。
「っ、ひゃぅぁぁーっ!!」
 少しの痛みと、それとは比べるまでもない快感。叫んでも何の足しにもならないけれど、
叫ばずにはいられない。
「んっ、んぁ、しょ、梢子先輩、感じて、くれてます……? あ、すご、ん……、あぁっ」
 中の前の方、ざらつく感触の部分を指先が探り当て、そこを重点的に攻める。
同時に、全身くまなく刺激が走る。気持ちいいなんて言葉じゃ全然追いつかない。痺れが止まらない。
「ここ、すごい、あ、すごすぎる、……んくぅ、ひゃ、んあぁっ! 先輩、ど、どうです?」
「どうって言われても。……で、いつまで続けるのかしら?」
「も、もちろん、先輩がイクまで、お月様まで飛んでっちゃうくらいにイクまで、ですっ!」
「そう? 悪いけど、私はここに残るから、保美ひとりで行ってきてくれる?」
 ……は? こめかみを汗が流れた。何か今、空耳が聞こえたような気が。

31 :
「空耳でとぼける気?」
 耳に懐かしい凜とした声は、……梢子先輩?
「そうよ。それ以外に誰がいるっていうのかしら」
 心なしか声が冷たい。同時に、先輩の蜜で濡れそぼったわたしの右手も、
風に煽られてひんやりしてきた。
「えーと、お帰りなさいって言うべきなんでしょうか、こんなときは」
「どうでしょうねえ? それより保美、説明してくれる? あなたここで何をしてるの? 
なんで私は服を脱がされてるの?」
「それはもちろん、先輩に怪我がないか確かめてたんですよ?」
 身体のコントロール権限は、いつの間にか梢子先輩が握っているみたいだ。
ゆっくりと着衣の乱れを直し、先輩は立ち上がる。
「へぇ、そう。で、怪我はあったのかしら?」
「大丈夫ですっ! ちょっと内出血はしてるようですが、残るような傷はないですよ。安心してください!」
「それは良かったわ。代わりに、あなたに傷物にされそうになってたみたいだけどね」
「うわぁ、さすが梢子先輩、うまいこと言いますねえ」
「あなたが、言・う・かっ!」
 台詞と共に梢子先輩は、自分で自分にツッコミを入れるという、文字通り身体を張った
パフォーマンスを披露してくれた。器用に頭から地面に激突するわたし、瞬時に意識は暗転する。
 そうしてわたしは――わたしたちは、クロウサマのお祭りが終わるまで誰にも見つからず、そこで気絶していた。
目覚めたときには既に何もかもが夢のあと、月明かりではなく嘘のように照りつける夏の日差しを浴びて、
すごすごと来た道を帰るしかなかった。

 結局、わたしの身体は贄にでもされたのか行き先さえわからず、わたしは、愛しの梢子先輩の中で、
いつまでも幸せに暮らしました。
 めでたしめでたし。
−おしまい−


32 :
投下終了です
お邪魔しましたー

33 :
>>わたしの身体は贄にでもされたのか行き先さえわからず
やすみんェ……

34 :
しゃーねーなあ、オレが保守しといてやるよ☆

35 :
桂ちゃんの体液で栄養補給するノゾミちゃんだ、これしかない

36 :
涙舐めて「しょっぱいだけ」って言ってたやん。

37 :
保守

38 :
おーけー俺もだ
保守

39 :
test

40 :
なになに? 今日は保守の日なの?
仲間入れてー

41 :
ミギーさんはオサ相手にピンクローターとか使いそう

42 :
あぁ、何かそれは凄くわかる、凄く分かるぞ

43 :
汀は酷い責め方はしないけど
「あんた、いい加減に、あんっ……!」
ってオサが少し怒るような事をするイメージ。何をするかは想像に任せる。

44 :
オサがナミと保美三人で風呂に入ってるシーンは二人を侍らせてるように見えて困る
…別に困らないな。

45 :
ミギーさんがローター片手に、あの笑顔を浮かべているのを想像した。

46 :
明日は綾代の誕生日だから僕は綾代を押し倒したい
オサが好きで将来を約束したけど綾代も好きなんだ
今まで抑えてた思いを爆発させて綾代の体を好きにしたい
オサの処女で童貞卒業したチンポでオサと同様にゴム無しで綾代の膣に侵入したい
好きだ好きだよ好きで好きでずっとこういうのがしたかった綾代
気持ち良い気持ち良い射精する前なのに果てしなく気持ち良い
オサと綾代両方とも好きだからいつかは三人でセックスしたい
童貞卒業したオサと二人目の綾代でセックスしたい
出るっ出るよ僕の童貞卒業したばかりの精液で孕んで綾代
好き好き好き好き好き好き好き好きオサ綾代好き好き好き好き僕の子供を産んで欲しい!!!!!!!!!!!!!!!

47 :
>>41
ミギーさんならやりかねないから困る

48 :
案外、女の子が女の子を好きになるのが普通じゃない世界観のSSも良いかもね。
邪視と糸で身動き取れなくなった桂ちゃんを
「あなた、そういう趣味なの。羽様の血っていうのは、好き物の血筋なのかしら。ふふ……」
ってネチネチ責めるノゾミカってのもまた良きかな。

49 :
好き物だらけのこんな世の中じゃ

50 :
烏月さんが駆け付けた頃には、レイプ目の桂ちゃんと笑みを浮かべるノゾミカが

51 :
さて、どうしても
駆けつけたヅッキーの前にはレイプ目のノゾミカとご満悦な桂ちゃん
しか想像できないんだが

52 :
そしてヅッキーさんも犠牲に・・・ですか分かりません

53 :
4Pに突入するのですね?

54 :
Exactly(その通りでございます)

55 :
4P?
部屋の隅には既に干からびた自称二十歳のカメラマンと青い蝶の残骸
モフられ尽くしたケモミミ少女のようなものが見えるのですが

56 :
冷静に考えたらサクヤさんの方が大人だし、リードするのはサクヤさんだし
血を飲んで獣になれるサクヤさんは理性がきかなくなるシチュエーションも容易に想像できたが
原作クリアした後になると、目隠しとかソフトSMされるサクヤさんが浮かぶのは何故だ

57 :
>>56
M(観月)の血の影響です。

58 :
公式ガイドブックにキャラの戦闘力が載っているページがあったが、
普段のサクヤさんは烏月さんやノゾミカより余裕で弱い。
つまり、そういう事だ。

59 :
攻め攻めに見えるサクヤさんが実はへたれ受けなのはもはや周知の事実!

60 :
鬼桂ちゃんにバックで責められてベッドにしがみつくサクヤさんが三秒で妄想できる。

61 :
風呂場の壁に身体を預けるサクヤさんを後ろから背中越しに鬼桂ちゃんが攻める、まで読んだ

62 :
強さが「烏月さんに劣る」って点も萌えて仕方ないんだが

63 :
えらい肉食系の桂ちゃんだな

64 :
鬼桂ちゃんなら想像に難くない

65 :
某蜘蛛女の出てくる百合エロゲをやったせいで、アカアオで激しいエロスを

66 :
過疎

67 :
鬼桂ちゃんに乱暴されてドキドキしちゃうサクヤさん

68 :
鉄板である!

69 :
桂ちゃんに尻尾ふやふやされて果ててしまう葛ちゃんとか楽しいよね!

70 :
剣の障気に当てられた梢子先輩の股間には不自然な膨らみが!
みたいなのはダメか。

71 :
ふたなりは人を選ぶよ

72 :
保守

73 :
桂×汀を提案してみる

74 :
桂ちゃん攻めとな

75 :
私を誰だと思ってるのかな

76 :
ワイヤーと棍を弾き飛ばした上で
「強い人がタイプだったんだっけ。望みが叶ってよかったね」
ってミギーさんを無理矢理……

77 :
そこは素の桂ちゃんでミギーさん茹で蛸状態にするのがいいな。
鬼桂ちゃんは圧倒的すぎる

78 :
だが桂ちゃんなら
余裕のサディスティックな微笑を浮かべ、ジリッと迫りミギー危機一髪な瞬間
スッテーン
と派手にすっ転びパンモロ状態で涙目になったところを陽子ちゃんに回収され…

79 :
凛「昨夜はお楽しみでしたね」

80 :
バッチリ録画済みなんですね?

81 :
汀「襲われてたアタシへのフォローは無し!?」

82 :
当時、ノゾミカ戦で柚明さんが助太刀に来た時
「ああ、これは桂ちゃんが邪視で操られて、柚明さんを辱める展開か。同人誌にする!」
と思っていたが、俺の画力が追いつかなかった。

83 :
是非SSで!

84 :
夢の中に入り込めるみたいだし、毎晩ノゾミカにイヤらしい事される桂ちゃんは想像するよね。
起きたら覚えてないけど、体が大変な事になってるとか。

85 :
つやつやになってるんですね

86 :
隣でサクヤさんが干からびてるんですね

87 :
むしろ艶っぽくなってる桂ちゃんを見てサクヤさんが我慢できないかも

88 :
ローターやら媚薬を用意したのに、
オサに逆に使われてしまうミギーさんはまだですか

89 :
剣道部一同にビクンビクンさせられちゃう汀ハードまだ〜?

90 :
汀が桂を攫っていろんなエロい事やるSS書いていいですか?
流れで烏月も出て来て…………アカン溢れ出て来た。

91 :
構わん、続けろ

92 :
や、やれるもんならやってみなさいよ!!
絶対に屈したりしないんだからっ!

93 :
綾代「生ミギワ様の生乳を拝見してもよろしいですか?」

94 :
剣道部臨時顧問に招待された汀、しかしそれはオサ部長の功名な罠だった。
「悔しい……いつもの力が出せれば、こんなヒラ部員なんかに」

95 :
オサ「汀のプレイドは私に崩されるために築いてきたんですものね」
保美「よかったじゃないですか、蜘蛛討ちのせいにできて」
ナミ「「へへへ おい、安全マットを用意しろ。みんなで気持ちよくしてやる」
百子「ミギーさんのミギ乳ゲ〜ット」
汀「こんな奴らに…くやしい…!でも…感じちゃう!」(ビクッビクッ

96 :
ナミの台詞おかしいだろwww

97 :
このナミちゃんはアヤシロを調教できるレベル
へへへって声想像して吹いたw

98 :
和尚「かっかっかっ、乳首に当たってしまいましたかな?」

99 :
「はぁっ……もう……本当に……んぅぅ!」
その肢体に玉の汗を浮かべ、赤髪の少女が息も絶え絶えに吐く。なまめかしく上気した肌と
潤んだ瞳、それはどれもが、日常とは逸脱していた。下半身は衣類を纏っておらず、
その恥部に這う指は、一本や二本では無かった。大勢の女生徒が、彼女を弄んでいたのだ。せせら笑いを浮かべるような、
下卑た者は居ない。誰もが恍惚の表情を浮かべ、少女に口づけを落とし、頂きを摘み、その秘部に指を突き立てた。
とろとろと愛液を流す汀の淫肉は、遠慮がちに出入りする女生徒の指を締め付ける。
それもまた、面白くて堪らないのだ。
「いぐっ……ひ、あああああああぁぁ!!」
その淫指が秘豆に伸び、汀はいとも簡単に絶頂へ押し上げられる。あらん限りの力を全身に伝え、
性の悦びを表に出すまいと抵抗を試みたものの、感覚器官の集中した陰部を揉まれ、扱かれ、摘まれ……吸われて、
気が狂わんばかりの快楽を前に、身体が耐えられる訳もなかった。
もう幾度目かの涙を零し、ひくひくと震える汀の身体。絶頂の奔流に身を貫かれ、焦げるような熱気を味わい、
視界は火花を散らす。ぎりりと歯を食いしばり、縛られ、言うことも聞かぬ体から熱を逃がそうと肩で息をする。
「可愛い……」
そうして、次の瞬間に、無駄だと悟った。
黒髪をカチューシャで纏めた、いかにも清楚な女の子が、頬を朱に染めながら、汀の充血したクリトリスを扱く。
それからにこやかな笑顔を浮かべて、吸い付いたのだ。
「〜〜〜!!」

正直、アカアオのキャラでクリムゾンするのは無茶があった。

100〜終まで読む 1〜終まで読む
1〜終まで読む 100〜終まで読む
TOP カテ一覧 スレ一覧 Pink元 削除依頼

◆◆ ルミナスアークでエロパロ7 ◆◆ (413)
▼ ガンスリンガー・ガールでエロパロ 3 ▼ (531)
世紀末オカルト学園 エロパロ (65)
【ドラマ】もう一度君にプロポーズ (483)
【バトスピ】バトルスピリッツでエロパロ (608)
Phantom 〜Requiem for the Phantom〜でエロパロ (106)
【友達≦】幼馴染み萌えスレ24章【<恋人】 (532)
【痴女】淫乱な女の子でエロパロ・4【絶倫】 (200)
モンスターファームのモンスター (40)
競馬板難民 (293)
【童貞王子】やながわ理央 その2【熟女】 (434)
【マイクロビキニ】日本人エロビキニ【シースルー】 (46)
女を縛って犯すスレ (34)
【声優】日笠陽子で百合萌え #18【総受け】 (738)
オカルト学院なりきりスレ (68)
真夏のピークが去った (40)
童貞が童貞にSEXのよさを教えるスレ (117)
ドリームチケット DREAM TICKET part.2 (165)
新大久保の廃墟(マッサージ屋さんだよ) (331)
全国童貞連合 (544)
友達とレズったんだけど質問ある? (41)
【復活祈願】楠真由美 (325)
くどうひさし (389)
SILKY'S シルキーズ その17 逝ぐぅ (474)
【ゲイが】 オナホにまつわるエトセトラ 【語る】 (80)
三浦まいはどうなんだ (327)
【仏ハーフ】 上原花恋 (254)
イカって顔引き抜くとオナホになりそうじゃね? (109)
処女の質問です!男来い! (169)
美しい5マンコ (83)
女忍者 くノ一の画像スレ 其の二十 (762)
もっとアニパロ・コスプレ動画総合 (439)
アカイイト/アオイシロ エロ総合スレ〜第六章〜 (268)
【エルシャダイ】アルマロス萌えスレ【ステージ4公演目】 (488)
JCに片思いする四十後半童貞 (259)
【俺の技を見つつ】大島丈さん 2【目一杯抜いて!】 (682)
【吉原】ランドマーク【振替・架空在籍専門店】3 (694)
------ 美浜 ------ (100)
妹スマイル Part3 (603)
有効な検索ワードを模索するスレ (146)
肩幅が狭い・小さな背中の女の子 (90)
ガンナイトガール 校内7週目 (348)
【カスタム】いたずら学園【REAL】part1 (54)
ソープ嬢と恋に堕ちた人 (242)
さらに見る