1〜終まで読む 100〜終まで読む
2013年10エロパロ276: 【古典部】米澤穂信作品でエロパロ2【小市民】 (346) TOP カテ一覧 スレ一覧 Pink元 削除依頼

無口な女の子とやっちゃうエロSS 十言目 (133)
【職人】MC・催眠系総合スレ その14【求む】 (576)
空が灰色だからエロパロを書こう (100)
あっちこっちでエロパロ (71)
[ヨルムンガンド]高橋慶太郎作品でエロパロ (49)
ジャンプ総合エロパロスレ (437)
池田理代子作品総合エロパロ (258)
TARI TARIでエロパロ (45)

【古典部】米澤穂信作品でエロパロ2【小市民】


1 :2012/08/09 〜 最終レス :2013/09/27
〈古典部〉シリーズ
〈小市民〉シリーズ
〈S&R〉シリーズ
ボトルネック、インシテミル、etc.
米澤穂信作品でエロパロ小説を書きましょう。

2 :
@過去スレ
【小市民】米澤穂信作品でエロパロ【古典部】
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1168939470/
米澤穂信作品でエロパロ
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1267891861/
【古典部・氷菓】米澤穂信作品でエロパロ【小市民】
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1335803079/
@保管庫
2chエロパロ板SS保管庫
http://red.ribbon.to/~eroparo/
 →ENTER →ライトノベル、その他小説の部屋 →その他小説の部屋

3 :
前スレではテンプレになかったけど、480KB付近もしくは>>980になったら
次スレをたてるようにしたがいいね

4 :
ついに2スレ目にいったか、乙
せっかくなので今日ホータロー総受の薄い本を買ってきた

5 :
実質は4スレ目になるのか

6 :
>>4
里志とかとおがいとが相手?

7 :
保守ついでに、投下します。
里志×摩耶花です。
時間軸的には、「鏡には映らない」の後日談です。ネタバレが若干あります。
ネタバレ回避したい方はNGに登録してください。

8 :
 僕と摩耶花が付き合い始めてもうすぐ4ヶ月。と言っても、僕たちは中学の時から
つかず離れずの距離で過ごしてきた。摩耶花は僕にとっての一番の理解者で、僕も
摩耶花のことなら誰にも負けない自負がある。
 それでも晴れて恋人同士になってみると、今まで知らなかった一面をみることがある。
 例えば、摩耶花は意外と独占欲が強い。僕が摩耶花の知らない人と知り合いだった
というだけで気を重くしていた。それだけ僕のことを想ってくれてると思うと悪い
気はしないけどね。
「別に……ん、そんなんじゃないし」
 きっと今、摩耶花は唇を尖らせて拗ねたような表情をしているんだろうなあ。
「わたしも、付き合いだしてふくちゃんのことでわかったことがあるわ」
 なんとなく言いたいことはわかったけれど、あえて先の言葉を促す。
「なんだろ?ぺろり……教えてくれるかい?ぺろり……」
「はっ……!ふくちゃんがスケベだってこと」
 摩耶花の首筋に舌を這わせるのをやめる。
「僕は、摩耶花がエッチなのは付き合う前から知ってたよ?」
 そう言った途端にパンチが飛んできた。あー、ごめん、ごめんよ摩耶花。だから
そんなにポカポカ僕の頭を殴らないで。あー、こんな風に、顔を真っ赤にして怒って
いる摩耶花も可愛いなあ。
 恋人になってわかったこと。「匂い」もその一つだ。栗色の髪から香るシャンプーの
さわやかな匂いもいいけど、エッチなことをしているときに、摩耶花のしっとりとした
素肌から漂う甘い匂堪らないね。
 摩耶花の両腕を掴み、再び首筋へ口付けし、息を吸う。
「んんっ!」
 摩耶花が刺激に耐え切れず、首を反らし悶える。
「いい匂いだよ摩耶花」
「や、やめて……嗅がないで」
 それは無理な注文だよ。耳まで真っ赤になっているけどそんなに恥かしいのかな?
 その耳を軽く歯を立てるように咥えると、摩耶花の身体がビクンと跳ねた。摩耶花の
背中を支えるように右手を回して、耳から首筋、そして胸元へ舌を這わせていく。
「くうんんっ……」
 ブラジャーのホックを外して、捲りあげる。摩耶花の胸は確かに大きくはないけど
緩やかな傾斜のある魅力的な形をしている。そしてなによりその中心にある乳首が
可愛らしい。透きとおるような白い乳房の上に、淡いピンクの乳首がまるで摩耶花の
性格を表しているようにツンと立っている。
「……んっ!」
 ブラジャーをすっかりはずして、右の乳房をすくい上げるように舐める。摩耶花は
唇を引き締め、漏れ出る声を必にこらえている。うーん、我慢しないでもっと可愛い
声を聞かせてほしいなあ。
 乳首だけを避けるように下から上へ舐める。唾液と汗によって乳房はしっとりと濡れ
光っていく。
「んん……うっん!」
 まだ、直接は触れていない乳首がさっきより突起しているのを確認して、それを
口に含んだ。
「はあっん!」
 背中を反らせ、摩耶花の口からとうとう悲鳴が漏れた。
「ふぅん……んんっ……くうっ!」
 空いた左手で左の乳首を摘み、舌で右の乳首を転がす。熱にうなされるように
摩耶花は身をよじり、素肌はじっとりと汗ばんでいく。
 目を動かし摩耶花の顔を確認。うん、十分感じてくれているようだ。目をぎゅっと
閉じて、食いしばるように歯列を覗かせ悶えている表情は官能的で、これも付き合い
始めて見ることのできた摩耶花の表情だ。その表情はとても愛おしい。

9 :
 普段はツンとして唇を引きを結んだ表情が多いからこそ、その笑顔や恥らった表情に
何物にも代えがたい価値がある。
 ホータローは9年間も摩耶花と同じクラスで時間を過ごしていたのにこの価値に
気付かなかった。 ホータロー、それはきっとホータローの省エネ主義による最大の
失策だよ。まあ、そのおかげで僕たちは中学で知り合い、恋仲になったのだけど。
 もし、早くからホータローが摩耶花の良さを見出していたのなら、それはそれで
ぞっとしない話だ。
 摩耶花にホータローの話をすると決まって、「折木のことなんか見てないし」と
吐き捨てる。それで安心していることがあった。甘えていた。こだわらないことに
こだわって、摩耶花を何度も傷つけた。それでも摩耶花は僕を選んでくれた。本当に
嬉しかったよ。
 だけど、付き合いだして摩耶花の意外性を目の当たりにして驚嘆した。まさか、
中学の卒業制作の秘密を暴かれるなんて!
 ホータローが千反田さんに出会って真価を発揮したように、摩耶花もこの一年と
数ヶ月、古典部でホータローと共に過ごしたことによって、過去のホータローの行動に
矛盾点を見つけ出し、その謎を解き明かした。
 だからこそ、僕は恐れているのかもしれない。摩耶花にこだわると心に決め、だけど
それも一番にはなれないのかもしれないと。もし、ホータローが摩耶花の真価を
発揮させたなら。もし、摩耶花がホータローの一番の理解者となってしまったら。
 僕は2人の隣に並んで立っていることはできるだろうか?
「ああっ!」
 摩耶花は声を上げる。
 左手人差し指と中指を、ショーツの上から秘裂に添える。熱を帯びた湿りを感じて
つい嬉しくなる。もうこんなに濡らしてくれたのかい、摩耶花。だけど、まだまだ
これからだよ。
 縦に伸びたショーツの皺を何度もなぞる。ほんの少しだけ食い込むように、ゆっくりと。
 ビクっと摩耶花の腰が跳ね上がる。
「はぁああ……くうううっ!」
 何度も何度も上下になぞると、だんだんと摩耶花の喘ぐ声も早まっていく。
「ああっ……はあんっ…」
 不意に最高潮に隆起しきった乳首に軽く歯を立てて吸い上げると、摩耶花は身体を
反らし、両腕で僕のあたまを抱えた。
「ふぅあぁんんっ!」
 摩耶花がひときわ大きい声を上げる。軽く昇りつめたみたいだ。
 呼吸が乱れ、下肢を震わせている。ちょっとやりすぎたかな?仕方ない、少し手を
休めよう。
「摩耶花、ちょっと腰を浮かして。パンツ脱がないとシミになっちゃうよ」
「もう!いじわるなこと言わないでよ!」
 摩耶花は今にも泣きそうな顔で僕を睨んだ。うーん、その表情もいいなあ。
 伸ばした足先からするするとショーツを引き抜く。露になった摩耶花のそこには
薄っすらと繊毛が生えていて、そこから下へ伸びているピンクアーモンド色の縦筋は
確かに濡れ湿っている。こんなにも感じてくれたんだね。
 摩耶花の両膝をつかまえる。とても恥かしい格好だろうけど、それでも摩耶花は
膝を開いてくれた。
 さっきまで嗅いでいた甘い匂いとは違う匂いが漂っている。よく例えられるのは
カマンベールのようなチーズ臭だけど、僕はこれを否定したい。摩耶花のそれは、
そう、濃厚な牝の匂いだ。僕みたいな牡を虜にしてしまう匂い。
 股間の愚息はボクサーパンツの中ではちきれんばかりに膨らんでいる。僕もう
限界だ。一旦、摩耶花から離れると一気にボクサーパンツを脱いだ。
「ふくちゃん……」
 耶花が僕の首に腕を回して、引き寄せてくる。摩耶花の瞳に僕が写っている。
きっと僕の瞳にも……。
 どちらからともなく唇を重ねた。
「んんっ……ぅんん」
 貪るように舌を吸い、歯列を舐めた。摩耶花も答えるように舌を絡ませてくれる。
 口付けを交わしながら、上体を摩耶花に重ねる、繋がる体勢を整える。
「ぷはっ」
 唇を離し、呼吸を整える。いつかのたどたどしいファーストキスからすると、
僕たちは随分キスがうまくなったと思う。

10 :
「あっ……」
 摩耶花の一番感じる場所に僕の愚息があてがわれる。摩耶花がベッドのシーツを
たぐり寄せ握る。
 まだ少し怖いかい?大丈夫だよ優しくするから。
 摩耶花は上目遣いで僕を見ると「あはは」と照れくさそうに笑みを浮かべる。その
健気な彼女の表情はきっと僕だけにしか見せないもので、胸を締め付けられるような
感覚に襲われてしまう。
 そうさ、この表情は僕だけのものだ。
 ゆっくりと割れ目に挿入していく。摩耶花は目をつぶり息を止めて繋がるときを
待つ。
 肉襞の一枚を感じるようにじわじわと分身を摩耶花の中へ送り込む。
「あうんんっ……」
 歯を食いしばり、シーツを掴んで必に僕を受け入れようとしてくれる。摩耶花の
そこは熱くぬかるんでいる。蕩けそうに気持ちがいい。
「くううっ…」
 半分ほど埋没させた状態から、ゆっくりと出し入れする。摩耶花の肉路はとても
狭いから、こうやって僕のを馴染ませるようにゆっくりと拡張させないと、摩耶花が
苦しんでしまう。
「んんっ……ああん……!」
 くちゃくちゃと肉襞が擦れる音が次第に大きくなる。摩耶花の呼吸も早くなって、
それに連動するように僕のものをぎゅっと締め付けてくる。正直、油断していると
うっかり爆発してしまいそうだ。
 だけど、ここは男として我慢しなければならない。
「ああぁっ!……はあぁ……!」
 馴染ませるようにゆっくりと出し入れを始めて三分くたいが経ったかな。摩耶花の
全身に玉のような汗が浮かんできた。男根を出し入れする度に摩耶花は身体をよじる。
けれど、それはもう苦痛からだけではないと確信できた。
「摩耶花、腰が動いてきたね」
「い、言わないでっ!」
 僕の動きに合わせて、摩耶花の腰も律動している。そろそろいいかな?
 ふぅーっと息を止め、大きく突き上げる。
「ああああーっ!」
 摩耶花が大きな嬌声をあげ、背中を反らす。ようやく全長が収まった。絡みつく
ように収縮し僕に射精を促す。
 だけど、これからだ。僕も歯を食いしばってその快感を我慢する。見ると、摩耶花は
半開きの口をわなわなさせている。わかるよ、摩耶花。僕が顔を近づけると再び首に
腕を回してきた。
 そのままキスをする。ねっとりと舌を絡めて吸う。お互いの唾液が口内で混じり、
汗がお互いの肌を湿らせ、肉壷では性液が絡み合う。独特の匂いが僕らを包み込む。
 
 そう、動物が自分の縄張りを匂いで主張するように、僕の匂いを摩耶花にうつす。
絶対に摩耶花を手放さない。何があろうと摩耶花にこだわり続けるんだ。
 唾液の糸を引きながら唇を離す。摩耶花の頬に汗で張り付いた横髪を拭うように払い、
そのまま手を添える。
「摩耶花……」
 摩耶花はこくりと頷いた。
「ふくちゃん、動いて……わたし、もう我慢できない」
 摩耶花は腰をくねらせ、僕の動きを待っている。
「うん、いくよ摩耶花」

11 :
 摩耶花のくびれた腰を掴み、ゆっくりと抽送を開始した。
 しっかりと吸い付くように肉襞が絡みついてくる。
「あうっ!」
 付き合いだして以降、土日のスケジュールのほとんど埋まり、何度となく身体を
重ねた。
 だから、もう摩耶花の感じるポイントもデータベースに入っている。
「はぁあんっ!」
 弱点を突かれ、摩耶花が今日一番の嬌声を上げた。ただそれ以上は声も出ないようで、
恍惚な表情をひきつらせている。
 僕は肉路の上壁をえぐるように男根を送り込む。小柄な摩耶花の身体が一突きごとに
浮き上がり、送り込まれる刺激に翻弄されている。
「……っ!……ううっ!」
 感じすぎているのか、息を止めて栗色の髪を振り乱している。酸欠にならないか
心配だけど、僕も気を抜くことはできない。挿入のしかたを変えただけ、濡れた肉襞が
租借するかのよう男根締め付け、肉路の奥へ吸い込もうとしてくる。
「ひぃいっ!」
 結合部と薄っすらと生えた繊毛の間でふくらみをもった突起を指の腹で押すと、
劇的に摩耶花の表情が変化した。目を見開き、会心の刺激に怯えるような表情になる。
 ごめん、摩耶花。別に驚かそうってつもりじゃないんだ。男根を抽送しながらも、
尖った豆を、くりん、くりんと転がす。
「だめふくちゃん!それだめぇ!」
 真っ赤な顔で摩耶花が声を上げた。限界がそこまで来てるんだね。
「先にイッていいよ」
 だけど、摩耶花は必に首を振って嘆願した。
「一緒がいいっ!ふくちゃんも一緒にっ!」
 わかったよ、摩耶花。頷いてみせると、摩耶花は安堵の息を吐いた。その息はとても
熱く、僕をさらに昂ぶらせる。
 再び摩耶花の腰を両手で掴み、渾身の力で男根を送り込む。
 パンパンパンと肌と肌が当たる音が響き渡る。
「あっ!あんっ!はっ!ああっ!はぁっ!あぁっ!」
 突き上げる度に、摩耶花はのけぞり、嬌声を上げる。
 僕も、摩耶花のウイークポイントを意識して、肉襞をえぐるように貫く。貫く。貫く。
 奥の奥、子宮口まで執拗に責め続けると、急速に肉路が狭まり、ひくひくと痙攣を
始める。
「もう……だめっ!だめぇ、い、……イッちゃう」
「僕も、……もう限界だ……っ!」
 腰を反らせ、高みに向かってラストスパートをかける。まるで獣にでもなったように、
貪るように腰を打ちつけた。
 ほら、いくよ摩耶花っ!
「ああああああああっ!」
「くううっ!」
 悲鳴にも似た嬌声を同時に上げた。男根を包み込んだ肉襞がうごめくように収縮され、
僕の精という精をすべて吸い出してしまうように痛いくらい締めつけた。最後の
一突きが子宮口まで届くと、耐え切れずに爆発を起こした。ドクドクと熱い精が
放たれる。
「はあああああああっ!」
 摩耶花は下腹部の奥で僕の爆発を受けとめると同時に、身体の骨が軋むような勢いで
背中を反らした。そして、ビクン、ビクンと身体を波立たせるように身体を跳ね上げた。
 
 体中を痺れるような快感が駆け巡っている。きっと摩耶花も同じなんだろうね。今は
焦点が合っていないような目で宙を見ている。呼吸もなかなか整わず、下肢はまだ震えて
いる。
「ふくちゃん……」
 それでも、僕に一生懸命腕を伸ばしてくる。まいったな。危うく泣いてしまいそう
じゃないか。
 摩耶花に被さるように抱き合いキスをする。
 もう僕たち二人の身体はすっかり同じ匂いが染み込んでしまったように感じた。

12 :
「ごめん」
思わず呟いていた。
「……ふくちゃん」
「ごめんね、摩耶花」
 この愛し合う行為の中でも、僕はホータローに嫉妬し、摩耶花の意外性に不安を覚えた。
僕は摩耶花にこだわると決意した。摩耶花を誰にも奪われないように、摩耶花が僕以外の
男に興味を示さないように、僕は摩耶花を抱いた。でもそれは、僕のどうしようもない
独占欲であって、摩耶花の意思をないがしろにしているのと変わりないんじゃないか?
 そんな禅問答繰り広げてばかりいる僕を、摩耶花はそっとその胸に抱き寄せてくれた。
「謝ってばかりだね」
「そうかな?」
「ふふ。あのふくちゃんが、こうして大人しくわたしに捕まってるなんてね。一昔前では
考えられなかったなあ」
そうだね。僕もそう思う。正直、今でも摩耶花を傷つけない人でいられるかは不安で
しかたがないんだよ。
「散々待たせてしまったからね。摩耶花の願いくらいは聞いてあげないと」
 ゆっくりと身体を起こして、お得意の笑顔を作る。
「それもそうね」
 と笑いながら摩耶花が言う。
「なんか今のふくちゃんなら、なんでも言うこと聞いてくれそうだよね」
「そうだね。今なら何でも聞いてしまいそうだよ」
「だったら……」
 摩耶花がじいっと、上目遣いで僕の顔を見上げる。
なんだろう?正直、検討がつかないな。でも摩耶花の目が少し笑ってる。考えてみると
久しぶりかもしれない。この痛くない程度の腹の探り合いは。
 僕は降参の意味をこめて肩をすくめてみせる。
 すると摩耶花は少し困ったような顔ではにかみながら言った。
「もう一回……しよ?」
 その時の僕は一体どんな顔をしたんだろう。
「なによ、その顔は」
 ぎろりと摩耶花の目が鋭くなった。
 またしても摩耶花の意外性に驚いたのか、ただただ呆れてしまったのか。鏡があったら
自分の顔を見てみたかった。
 おっと、ごめんよ摩耶花。だからそんなに頬を膨らませて拗ねないでよ。
 僕は苦笑しながら、摩耶花にくちづけをした。

終わり

13 :
以上です
アニメで摩耶花が里志の学ランを掴むシーンに萌えてその勢いで書いてしまった
SS自体初投下なので、至らない点が多々あったかも
生暖かい目で読んで頂ければ幸いです

14 :
面白かったです!

15 :
あの学ラン掴むシーンは良かったよね
本当は抱きしめてあげたいけどそこまですると逆に里志を傷つけてしまうんじゃないかとか考えてる摩耶花を妄想した
嫉妬を感じないいいカップルだよなこいつら

16 :
>>13
GJ!!

17 :
>>13
乙。りあじゅうひにんしろ

18 :
「不毛です!」
「EDのことか」
「それは不能です」

19 :
「折木さんが不能なのかどうか、私気になります!」
「……試してみるか?」

20 :
続きお願いします

21 :
アニメ19話の改変が良かった
妄想が捗るな

22 :
「不毛です。」
「パイパンなのか?」
「私、気にしてます!」

23 :
「俺が気になる!」

24 :
千反田さんて胸は何カップなんかね
ピンナップとか見るぶんにはなかなか大きいのだが

25 :
個人的にえるはCぐらい

26 :
遠回りする雛のポスター見る限りだとDくらいありそう

27 :
そういゃ、巨乳キャラはいねぇなぁ。
折木姉くらいかな?

28 :
まやか「しょっ、しょしょしょ処女ちゃうわ!」

29 :
オサナイさん、隠れ巨乳だといいなぁー

30 :
そんなの小佐内さんじゃないやいっ!

31 :
>>30
おい、復讐されるぞ・・・

32 :
test

33 :
早く小鳩クンとお友達にならねば…

34 :
イリスさんおおきくね?

35 :
冬季限定イリスプリン!!

36 :
朽木を呼び出し、個室で一服盛って自分ペースで朽木の童貞奪うイリス先輩。

37 :
誰だよ朽木

38 :
エルさんに散々搾り取られてもうたんか…

39 :
折れて朽ちた、か

40 :
おまえらだれうま

41 :
>>38
それでもイリス先輩に手や口に熱い白濁液を出す様命じられ、攻められて気絶。

42 :
それを小佐内さんが撮影、録音。

43 :
サトシが甘酒でグッタリした巫女服のまやかを指や舌で弄りながらコトバ責めするシチュエーションはどうかな?

44 :
ぷはぁ…。
ようやくえるは奉太郎から重ねた唇を離した。
絡み合った舌と舌の間に唾液の糸が橋を架け、夕陽を浴びて煌めく。
「ち、千反田……」
うろたえる奉太郎に、えるは頬を赤く染めながら目を潤ませた。
「これが……キスの味……なんですね」
はぁ……と熱を帯びた吐息が、桜色の唇からこぼれる。
そして――(以下略

45 :
フェイエン×ライデンでだれか

46 :
>>39

  いいか、みんな
    (゚д゚ )
    (| y |)

  折木奉太郎の『木』と『奉』を
    木  ( ゚д゚)  奉
  折 \/| y |\/ 太郎

  二つ合わされば『棒』となる
     ( ゚д゚)折棒太郎
     (\/\/

  折れた棒の太郎……不能ってことだな
     (゚д゚ )
     (| y |)

47 :
沢木口「探偵君、不能なんだって?」

48 :
「試してみますか」 カチャカチャ

49 :
沢木口「起たなかったらアタシの料理食わすわよ」

50 :
「プレッシャーと恐怖で萎えました」

51 :
沢木口「そんなサイズじゃあ食べごたえがないわね」

52 :
「さとし、お前が入れてくれ。俺が揉むから。」

53 :
「そうかい、じゃあ力を抜いてくれ奉太郎」

54 :
える・まやか(ハァハァ)

55 :
沢木口「なるほど、それで不能でも大丈夫なんだ」

56 :
入須「折木君は不能なのではなく、さっき私が賢者モードにしただけだ」

57 :
沢木口「君の竜骨は折れてるから、かわりにボトルネックをINシテミルかい?」

58 :
奉太郎は気がついたら千反田家に婿入りしてそうだよな
えるがあそこまでの逸材逃がすわけがない

59 :
>>58
婿入りした場合千反田家の本業の農業が疎かになって副業に、本業が探偵業になりかねないぞw
それも入須先輩や遠垣内先輩に推理能力認められてるから依頼がかなり来るんじゃ?
入須「実はうちの病院の取引先の医療器具メーカーで横領と思わしき…。」
ほう「で?なんで俺のところにそんな件を持ってくるんですか?俺の本業農家です!警察に行くのが一番省エネじゃ…。」
入須「折木、いや今は千反田か…、ここはあくまで閉鎖されてる田舎だ。君も名家や旧家と親交があるからわかるだろ?悪いうわさはすぐに広まる。後はわかるな?」
ほう「ちなみに断ると言ったら?」
入須「ならばうちの病院出入り禁止だな、救急のときは例外にしてやる。当然千反田が産んだ子供と直後の面会はできない…。」
える「奉太郎さんとの…、こ、子供…。」
ほう「今は赤くなるところじゃない!わかりました、やりますよ!」
みたいな?駄文失礼致しました。半年ほどROMってるのでご安心を!

60 :
>>59
Write
Only
Member







61 :
える「奉太郎さん、奉太郎さん、ご希望の仕事依頼がきましたよ。」
ほう「やっと農業関係かぁ。」
える「犬探しです!」
ほう「シリーズが違う!!」

62 :
>>61
まだ1冊しか出てないのにシリーズなんだぜ…
古典部もいいがあっちも書いてくれ…

63 :
>>61
実際、犬探しはやってないがな。

64 :
小鳩「狼はどこだ」

65 :
える「折木さん、どうして耳がそんなに大きいのですか?」
折木「それはな、お前の声をよく聞くためだよ」(棒)
える「折木さん、どうして目がそんなに大きいのですか?」
折木「それはな、お前の顔をよく見る為だよ」(棒)
える「折木さん、どうしてそんなに口が大きいんですか?」キラキラ
折木「……」
える「もー折木さん!次の台詞ちゃんと言って下さい!」プンプン
折木(言ったらこっちが喰われかねん)

66 :
える「折木さん、どうしてアレがそんなに大きいのですか?」
折木「それはな、お前の中をよく味わうためだよ」(肉棒)

67 :
>>63
実際、犬探しの依頼はどこだ

68 :
最終回でえるの重い女っぷりが明らかになっちゃったからもう奉太郎も熱が冷めちゃったろうね

69 :
アニメしか見てない奴はそう思うかもな

70 :
でた原作厨w

71 :
もう一ヶ月以上エロパロ投下されてないな
もう誰も書かないのか…?

72 :
ほーたろ×麻耶花とか書いたら叩かれそうな雰囲気があるね、本スレとか見てると。
福部なんて小物すぎるから嫌いなんだよねー。

73 :
>>72
むしろ読みたいわ
せっかくのSSなんだから原作になさそうなのがいいな

74 :
>>72
鏡には映らないでマヤカはほうたるを見直してるし
可能性がないわけではない
つーか未だになぜマヤカがDBを好きなのかがワカンネ

75 :
ここで上げてあまりいい反応が無くて、pixivに上げてみてもコメントが得られず〜とかで
モチベーションが下がっていくんだよな。

76 :
える×里志もやっぱり叩かれる?

77 :
DBが絡むのがねぇ

78 :
俺なら絶対叩く

79 :
奉太郎×里志こそ至高よね

80 :
姉xほうたる?

81 :
>>80
それはオレも読んでみたい

82 :
>>80
姉がえるに女を教えるわけか

83 :
姉は世界旅行とかで奔放に楽しんでいそう

84 :
DBが他の女と付き合いだして、ほうたろに麻耶花が相談して〜、的な。
こんな話だったらいくらでも思いつくけどね。

85 :
ほうたろとマヤカの傷の舐めあいとか好みです

86 :
五年後ぐらい、
千反田は親と決めた相手と結婚させられ里志は別れて…
で、久しぶりに会ったほうたるとマヤカがお互いの近況を話しているうちに、ってか

87 :
データベースはケツをだすんです。

88 :
ホモは帰って、どうぞ

89 :
牝犬はどこだぁー

90 :
各巻で結構文体違うな。どれで書いても違和感ありそうだ。

91 :
不毛です

92 :
原作1巻のあと、2〜3巻を飛ばして今4巻読んでるが
とにかく原作は色気がなさすぎるな。
「正体見たり」とか高校生4人のカップルで旅行に来てあれでおしまいかよ
というかアニメの回の混浴に妄想する折木とかさえもオリジナルで
原作にはそれさえ全くない色気のなさすぎに笑った。
というか何を言いたいかと言うと誰か何か書いて下さい私気になります
ということで

93 :
そう思うだろう人を見越して
原作組はよく小説→アニメを推奨してたんだけどな

94 :
さいですか。

95 :
原作に無い話もあったしね。水着姿GOOD

96 :
そりゃ原作は恋愛とかそういうのを重きにおいたわけじゃないし
ラノベじゃないもの

97 :
さいですか。
ラノベうんぬんは置いておくとして、自分の通っていたのは
田舎の進学校で恋愛自体が禁止になるような旧態依然とした高校だったが
それでもあるべきものはあったがなあ。友人から元同級生だった女子とのセックスと
その先の展開についてまで打ち明け話を聞いたとき、俺は
というのはどうでもよい話なので何を言いたいかと言うと
誰か何か書いて下さい私気になります、ということで。

98 :
前スレを読むといいよ

99 :
>>97
古典部連中のプラトニックな関係が、本人達も書き手も読み手も
心地いいってコト?

100〜終まで読む 1〜終まで読む
1〜終まで読む 100〜終まで読む
TOP カテ一覧 スレ一覧 Pink元 削除依頼

Myself; YourselfでエロパロU  (248)
【金蹴り】女が男を金的攻撃で倒すSS 4【電気按摩】 (313)
脱衣麻雀&脱衣ゲームキャラでエロパロ (56)
お姫様でエロなスレ14 (352)
=◎= 遊★戯★王 で エロ談戯 =◎= |ドロー26| (455)
【宇仁田ゆみ】うさぎドロップでエロパロ (45)
世紀末オカルト学園 エロパロ (65)
女の子にいたずらするスレ 【2回目】 (236)
女性のおなら〜 (69)
すすきの英国屋を語ろう (700)
ぽぷらちゃん可愛い//// (123)
男が女声でエロいことを言うボイスをうpするスレ2 (670)
コミックアンリアル8月号にH漫画36本&巨大デジタルポスター38枚イッキ読みデジタルコミックCD−ROM付録付き! (41)
ゆきなの部屋 (577)
テレヤ・シェイが好きな人 (251)
G・Wの予定がない件について (223)
42歳ドウテイのオイラが質問を受け付ける (128)
【グラマラス過ぎる】 木下若菜 【Fカップ美爆乳】 (958)
琴吹かづき (540)
【ビッグダディ】林下美奈子【タトゥ】 (232)
父親が裏ビデオの販売やってたけど質問ある? (57)
武装神姫で百合萌え (317)
節子「なんで、ピンクニュース板のスレすぐんでしまうん?」 (52)
0時までに300いったらこの子に精子ぶっかける (33)
鈴木さとみ Part8 (671)
『めだかボックス』球磨川 禊を性的に愛するスレ2 (345)
キモい童貞が可愛い彼女を作る唯一の方法 (512)
現実のセックスってAVと全然違うよなぁ??? (692)
(・∀・)エヴァンゲリオンのエロ画像キボンヌ14(・∀・) (950)
思い出を語ろう☆池袋パンチラ喫茶P★復活は? (111)
1回のオナニーでティッシュ何枚使ってる? (102)
【ポストみさくら?】RIKI スレ【いやもう超えた】 (534)
【支援】なおと一緒にキモ試し!【肯定】 (504)
☆☆☆由美かおる☆☆☆ (745)
【とりプリの】澪那-Reina-スレ【キュアパイン】 (48)
【妄想】露とり【引き篭もり】 (803)
グランリブラアカデミー (492)
true tearsのエロ同人誌を語るスレ (432)
SEXしたくて彼女呼ぶときなんて言えばいいですか? (497)
【エビオス】みんなでオナ禁しようよ!part174【亜鉛】 (591)
Aチャンネルでエロパロ (50)
包茎マニア達のスレ (188)
男を小さくできたら!弄んでみませんか?PART3 (446)
女がマジで痛がってる動画 (310)
さらに見る