1read 100read
2013年10エロ漫画小説616: 高村マルス その☆ (784) TOP カテ一覧 スレ一覧 Pink元 削除依頼

姉ポルノ専用スレ(お姉ちゃんは十六歳) (526)
【快楽天】 小梅けいと 【単行本まだー?】 (944)
エロ漫画家のペンネームについて語るためのスレッド (103)
【断髪】女の子の髪を切る話【剃髪】 (705)
【shiran】しらんたかし2【興味アリ】 (495)
ぽんこつわーくす vol.4 (243)
【人妻】黒木秀彦【ディープキス】 (433)
剣狼伝説ティラノのファスアが犯されちゃう小説  (618)

高村マルス その☆


1 :2007/11/11 〜 最終レス :2013/09/24
少女への偏執的な責めを独特のタッチで綴る異色の官能作家
amazonの辛口レビューには断固として立ち向かう
そんな高村マルス先生のスレ
本人HP
http://takamura.kir.jp/top_tm.gj.syousetu.html

2 :
ワギャアアアアーーーーーーッ!!!

3 :
あう〜

4 :
いやーん!

5 :
おっ、お大事が。

6 :
>>5
それは違うw

7 :
おひひーん!

8 :
>私、高村マルスは別のペンネームでも書いております。ときどき出ていますが、作風はかなり異なります。
>漫画の原作のほうは様々な理由で原作者の名前は出ていませんので、まったく分かりません。
マルス先生、自分の頭の中では武論尊であり山田悠介でもあるんだな。

9 :
粘着とマルスの決着がどうなろうといいけど、別ペンネームが何なのか知りたい。
読んでみたいしね。

10 :
読みたかねーよ。コイツ、自意識過剰すぎ。

11 :
以前の魚拓ってないかなぁマルス魚拓知らなさそうだし
ttp://s01.megalodon.jp/2007-1115-0439-55/takamura.kir.jp/nentyaku.reviewer.html

12 :
美少女検査室恐ろしいほどの駄作だった
綾奈の内診台が面白かったんだけど、それを
劣化させたみたいだな。
羞恥をみたいなのにレイプとかいたずらとか
直接的なのが多すぎなんだよな。

13 :
つかマルス逆切れだろ

14 :
綾奈の内診台ってnyで落ちてるね。

15 :
>>12
駄作とまでは言いすぎだけど、教師と医者というパターンはもう飽きた。
古いのを含めると4回ぐらいは同じ話を見てるから。
正直、今回みたいな出来だと次は買うか微妙なところ…。

16 :
ハンター2のヒロインが多すぎよりはよかった。

17 :
マルスのロリ属性は70年代で停滞してるとしか思えん。
80年代ロリブーム時代の作品と比較しても痛々しい程古臭い。
以前こいつのHPで公開されてたロリ小説なんか、
フィリピンの少女奴隷市場で競りに掛けられる少女が
「タブー」のメロディに乗せて一枚一枚服を脱がされるなんて
30年前の船橋OSでもありえない場末ストリップシーンで脱力したよ。

18 :
実はこのスレはマルスによって監視されてる。

19 :
美少女検査室 (マドンナメイト文庫 た 13-7)
高村 マルス著

後半、舞台をメディカルルームに移して行われる羞恥プレイや陵辱が非常につまらなかった。
こういう小説は、日常から飛躍しすぎてはいけないのである。
「もしかしたら自分にもこんな夢のようなことが?」と読者に思わせる程度に日常性と非日常性のバランスを保たなくてはならない。
叔父や担任教師の間で陵辱プレイを続けていれば、もっと読める話になったと思う。

20 :
美少女ハンター〈2〉 (マドンナメイト文庫)
高村 マルス著

新キャラの特徴がまったく役に立ってない, 2006/12/23
 「14歳の巨乳中学生」という新キャラを出したのだから、その特性に見合う責めを展開すべきだったのに、未練たらしく、前巻のキャラ3人を引っ張り出して、野外調教や強制レズや4人同時調教などをやっているから、新キャラが全く生きていない。
ソフトボールのエピソードは、あまりにも非現実的で、読む気が失せた。
 責めも過激なようでいて実は単調で、飽きがくる。
というのも、主人公が女の子に言うことを聞かせるネタが、「写真やビデオを公開するよ」という陳腐化した手法だからだ。
きっかけぐらいならともかく、作中で何度も同じことを言って、言うことを聞かせるので、それに従う女の子があまりにも愚かに感じられる。
 クライマックスのフィストや恥丘入れ墨も、「だからどうしたの?」程度のものだ。単に苦痛を与えるだけで、調教になっていない。
 対象を可奈一人に絞って、体型に見合った調教プロセスを丁寧に描くべきなのではないか。

21 :
美少女ハンター 1 (マドンナメイト文庫)
高村 マルス著

責めが平板, 2004/6/23
塾教師が教え子2人と近所の小学校6年生の合計3人を罠にはめてもてあそぶというストーリ。
「恥ずかしい画像を流布する」が少女に言うこと聞かせる口実で、この手の話の定番である。
何の工夫もない☆責め自体も、詳述は省くが、何も新しいものがない。
3人娘を出すなら、彼女らの愛憎劇を描くとか、一人ぐらい主人公側に裏切るとかいったエピソードがあってもよいと思う。
1巻と書いてあるからには続きがあるのかもしれないが期待薄である。

22 :
>>19-21がいわゆる発端になったレビュー。
時系列的には逆になってますが。
しかし、マルス氏が粘着呼ばわりする割には、他の作品についてのレビューは確認できず。
ところで、マルス氏のamazonへの働きかけによって削除されたという>>19のレビュータイトルをご存知の方は是非とも教えてください。
宜しくお願いします。

23 :
綾奈の内診台2はどうなったんだよマルス君。
後、美少女検査室はクソ。

24 :
皆さん、今とんでもないことが進行中です。
かのamazonの素人レビュアーが、私、高村マルスの最近の三つの作品に必ず☆一つだけと最悪のレビューを入れる嫌がらせを繰り返しております。
勿論amazonには苦情を入れ、二見書房にも相談しましたが、今のところどうにもなりません。
「美少女ハンター1」「美少女ハンター2」「美少女検査室」三つとも完全否定のひどさです。
これではせっかく調教されてイキまくった総勢五人の少女たちが浮かばれません。(笑)
このままだと、四回、五回とどこまでも粘着が続きそうです。
良いレビューも入れて中和させる手もあるようですが。
問題のレビュアーは、私に個人的な恨みがあるのかも知れません。
それが何かは分かりませんが。
ただ、これは私個人に対する粘着というより、二見書房マドンナメイト文庫に対する嫌がらせという結果になっていると思います。
何故なら、私が出版しているのではなく、二見書房の出版物だからです。
これからあと何回最悪レビューが続けば、ことが大事になるのか、悪趣味ですが、興味のあるところです。(笑)
粘着レビュアーさんは、高村マルスの本をすべて買うべきでしょう。
初期のものはかなり高くなっているが、是非買うべきだ。
このサイトの小説もすべて買って読まないと、高村マルスは理解できず、文庫本の方の真の評価も出来ない。(笑)
妙に楽しくなってきたので、今後もここにしつこく書いていくことにします。(粘)

25 :
いやあ、2ちゃんねるでちょっと盛り上がりましたな。
Amazonを通して直接彼とメールでやり取りできないか問い合わせましたが、それは出来ないが、「すべてのカスタマーレビューを掲載しない」手続きができるとのことでした。
ですが、それでは私も皆さんにとっても味気なく終ってしまうのでやりません。(笑)
二見書房さんの本なので、二見書房さんに一任しております。
ところで、私、高村マルスは別のペンネームでも書いております。
ときどき出ていますが、作風はかなり異なります。文章表現も似ていません。
そしてこれはジャンルとして粘着レビュアーの好みにピタリと合っています。
さて、何を言いたいのかというと…
☆ちょっとひと休み。
またあとで…

26 :
粘着レビュアー現る!
〈amazonを利用した作家と出版社への嫌がらせ行為〉
amazonの素人レビュアーが、私、高村マルスの最近の三つの作品に、必ず☆一つだけと最悪のレビューを入れる嫌がらせを繰り返しております。
「美少女ハンター1」「美少女ハンター2」「美少女検査室」三つともレビューの文面は完全否定のひどさです。
これでは調教されてイキまくった総勢五人の少女たちが浮かばれません。(笑)
彼は悪い評価を入れる目的で高村マルスの本(マドンナメイト)を読み、目的通りに悪い評価ばかり入れています。
amazonに問い合わせたところ、「美少女検査室」へのレビューで、不埒なタイトルが消されて無題となりました。
レビュー内容が規約違反でないことがネックになっていましたが、この三回も続けるという悪意に満ちたレビュアーの行為から、さしものアマゾンもまずいだろうと判断したようです。
しかしまだ単に新作のレビューのタイトル削除のみの対応です。
彼は私個人に粘着していい気になっているようですが、結果としては二見書房マドンナメイト文庫への嫌がらせになっていることが分かっていません。
上の三冊は私が出版しているのではなく、二見書房の出版物です。
私は確かに不愉快ではありますが、実害はなく、出版社には実害が多少なりともあります。
回数が増えるごとに問題になっていきます。
このことが粘着レビュアー君は分っていないようです。
そのうち大事になるかもしれません。
それが楽しみ…とは言いませんが。(笑)

27 :
高村マルスが嫌いだから、悪いレビューを入れる。
しかし、それがいろんな方面に迷惑をかけるということが分からない。
または分っていても気にしない。
出版社もamazonも対応に時間を取られているし、悪い評価の影響でわずかでも損失があるかもしれません。
自分は素人レビュアーだから、少々のことなら大目に見てくれるだろうと甘えている。
精神構造はそんなところでしょう。
出版社だけでなく、アマゾンも本を売って利益を得ているから、四度目くらいなると自主的に削除するのではないかと思います。
現在、アマゾンやレビュアーへの対応は出版社に一任して、すでに私の手を離れています。
今後も四回、五回と悪意のレビューが続きそうですが、どの時点で、またどういう形で対処されるか見守りたいと思います。
この件は引き続き書いていきますので、興味のある方は注目していてください。(笑)

28 :
なんか突っ込みどころ満載ではあるが
相手は老人(予想)だから手加減してやれなw

29 :
Amazonを通して直接彼とメールでやり取りできないか問い合わせましたが、それは出来ないが、「すべてのカスタマーレビューを掲載しない」手続きができるとのことでした。
ですが、それでは私も皆さんにとっても味気なく終ってしまうのでやりません。(笑)
二見書房さんの本なので、二見書房さんに一任しております。
ところで、私、高村マルスは別のペンネームでも書いております。
ときどき出ていますが、作風はかなり異なります。
文体も似ていません。
そしてこれはジャンルとして粘着レビュアーの好みにピタリと合っています。
さて、何を言いたいのかというと、粘着君が別のペンネームでの作品を読んで、高村マルスと知らずに高い評価を入れる可能性があるということです。
小説と漫画の原作の二種類があります。
軍十四郎ではありません。
万一、憎い高村マルスに星四つや星五つを入れることにでもなれば、彼にとって悔やんでも悔やみ見切れない結果となるわけです。(笑)
じゃあ、その手のものはレビューしなけりゃいいとも言えますが、そうすると、彼のこれまでの多数のレビュー履歴がこの種の物であり、自分の好きなジャンルのレビューを書くことが出来ないとなると、大きな挫折になる。
粘着君は高村マルスに非常にこだわっていますので、このHPを見ていると思いますが、アマゾンサイトで何らかの形で触れておくこともできる。
そうすれば確実に見るでしょう。
いずれね…

30 :
彼がこれを知れば、非常に警戒すると思われる。
「ハハハ、どうも高村マルスに良い評価を与えてくれて有り難う」と言われるのはぬほど辛いはず。
完全に否定したいのだから、星二つ以上の評価をしてしまったら、苦しいでしょう。
漫画の原作のほうは様々な理由で原作者の名前は出ていませんので、まったく分かりません。
絵だけの評価なら良いが、ストーリーを評価すれば「ハハハ、どうも高村マルスに良い評価を与えてくれて有り難う」となります。(笑)
完全に高村マルスではないと分かっているもの以外は、わずかでも不安は残ります。
作風・文体から推測しようとしても無理です。様々な書き方が出来ます。
だから、プロの作家なんです。
勿論、簡単には私の作品にぶち当たりはしないでしょうが、絶対ないとは言い切れない。
高い評価のレビューを入れようとしてOKボタンをクリックするとき、一瞬でも、もしかしたら……と躊躇すれば、彼はレビュアーとして負けであり、失格でしょう。
だいいちそんな不安感を抱きながらレビューを入れても、ちっとも楽しくない。
マルスがいつ、「それは俺だ!」と発表するか、良いレビューを入れてからしばらくの間、戦々兢々とする毎日。気が気ではないだろう。(笑)
これから先、ずっとそうなります。
--------------------------------------------------------------------------------
《レビュアー君へ》 今、アマゾンに君と交渉できないか再度問い合わせているところだ。
できない場合は、ここで続ける。

31 :
*状況が変わり、恐らく近日中に解決の方向に進みそうだ。
野次馬の皆さんのご希望に添えなくて申し訳ないが。(笑)
ただ、上記の粘着君叩きの別名による落とし穴方式は、ことが片付くまで有効である。
粘着君は2ちゃんねるあたりに出没していそうだが、結局どれがそいつか想像するしかないから時間の無駄になる。
勇気をふるってメールしてくればいいのだが…。
最後に、このレビュアーは嫌いな相手にまったく客観性を無視して、悪意のレビューを入れる問題児であることは明白だから、他の人に対しても同様のことを繰り返す恐れがあると注意を促しておきたい。

32 :
このページはしばらくお休みし、更新いたします。
ダメになったわけではありませんので、よろしく。(笑)

33 :
粘着レビュアー現る!
〈amazonを利用した作家と出版社への嫌がらせ行為〉
amazonのあるカスタマーレビュアーが、私、高村マルスの最近の三作品「美少女ハンター1」「美少女ハンター2」「美少女検査室」にことごとく悪い評価をつけている問題に関して…
過日、すでに詳しい説明と経過を書きましたが、現在、アマゾンの対応により一応解決の方向にあります。よって詳細は省きます。
問題のレビュアーは、最初から悪い評価をする目的で高村マルスの本(マドンナメイト)を読み、目的通りに悪いレビューばかり入れていました。
レビュー内容は上手に誹謗する文面を避け、もっともらしく書いているので、レビュー自体は削除の対象になりませんでした。
ですが、amazon側もその非常識さを見て、新作へのレビューのタイトルを削除するところまでは協力してくれました。
自分の身勝手な行為で私だけでなく、出版社やamazonに迷惑をかけるということが分からない社会性のない人です。
それぞれ対応に時間を取られ、悪い評価の影響でわずかでも損失があるかもしれません。
このレビュアーは嫌いな相手にまったく客観性を無視して、悪意のレビューを入れる問題児であることは明白です。
他の人に対しても同様のことを繰り返す恐れがありますので、作家諸氏に注意を促しておきたいと思います。

34 :
粘着レビュアー問題
amazonのカスタマーレビュアーが、私、高村マルスの最近の三作品「美少女ハンター1」「美少女ハンター2」「美少女検査室」にことごとく悪い評価をつけていた問題に関して…
過日、すでに詳しい説明と経過を述べました。
ここでは詳細は省きます。
問題のレビュアーは、最初から悪い評価をする目的で高村マルスの本(マドンナメイト文庫)を読み、目的通りに悪いレビューばかり入れていました。
レビュー内容は上手に誹謗する文面を避け、もっともらしく書いていたので、レビュー自体は削除の対象になりませんでした。
彼は自分の身勝手な行為で、私だけでなく、出版社やamazonに迷惑をかけるということが分からない社会性のない人間です。
それぞれ対応に時間を取られ、悪い評価の影響でわずかでも損失があるかもしれません。
〈一応の解決?〉
当方の求めに応じたamazonにより、新作の「美少女検査室」のレビューは非掲載となりました。
このレビュアーは嫌いな相手にまったく客観性を無視して、悪意のレビューを入れる問題児であることは明白です。
他の人に対しても同様のことを繰り返す恐れがありますので、作家諸氏に注意を促しておきたいと思います。
(詳述は避けますが、問題のレビュアーが高村マルスと知らずに、私の別のペンネームの作品を読んで、高い評価を入れた場合… という件に関してですが、これは相手が素人ということもあり、一応保留ということにしておきます。)

35 :
資料-4〜11まではマルス氏のHPでの主張です。
書き込みの際に長文制限が掛かるので、改行だけは手を加えてますが、原文通りです。
こちらは一応、時系列に沿っています。
但し、私も常時チェックしていたわけではないので、マルス氏が消去したり書き換えた分を総て網羅しているかは保証できませんので、悪しからず。
この点については補完可能な方の御協力をお願いします。
現在(2007/11/18)、マルス氏のHPで読めるコメント(>>34)だけでは、
>ここでは詳細は省きます。
>詳述は避けますが、
等々で事の経緯が全く不明なのでここに保存しておきます。
マドンナスレの各種レスの解読の一助に使用してください。

36 :

こんなものを全文保存してる人がいたのかw
マルスはエロ小説家としての評価が地に落ちた今は、もうひとつの名義の仕事をガンバレ!
本当にそんな仕事をしてるのか疑わしいが

37 :
>>23
「綾奈の内診台2」って週間配信していた続編の方のこと?
だったら新作に改変したんで売らないそうだ。

38 :
>>36
いや、>>35でも書いたように全文かどうかは定かではないんだよ。
ただ、こうして見直すと、結局「新作の『美少女検査室』のレビューは非掲載」の件(>>34)も、当初からのamazon側からの譲歩点に過ぎないわけだし(>>25,>>29)、マルス氏の空回りが目立つのは如何ともしがたい、と思うんだが。
しかも、それは「それでは私も皆さんにとっても味気なく終ってしまうのでやりません。(笑)」って公言してたからねぇ(>>29)。
>>28氏の言うように突っ込みどころが多すぎて目も当てられない、というか、痛すぎる。

39 :
俺はマルスの本を絶対に買わない!
マドンナメイトの本も買う気が無くなって来たわ。

40 :
>>39
じゃあ、このスレにもマドンナスレにも来なくて良いよw

41 :
>>37
新作に改変ってどういうこと?
美少女検査室じゃないよな?
というか一部綾奈の内診台2持ってる人いるみたいだけど
途中で止めてお金返したのかねー

42 :
>彼は私個人に粘着していい気になっているようですが、
>結果としては二見書房マドンナメイト文庫への嫌がらせになっていることが分かっていません。
>上の三冊は私が出版しているのではなく、二見書房の出版物です。
>私は確かに不愉快ではありますが、実害はなく、出版社には実害が多少なりともあります。
批判が二見書房に実害を与えているのではなく
マルスの駄作が二見書房に実害を与えてるというのが事実だろう。
二見書房の公式見解でもないのにデタラメ解釈吹いて恫喝してんじゃねえよ。

43 :
マルス自体が小作家だからいまいち盛り上がらんな
まぁ俺はマルス本なんか買いたくないけど。

44 :
>>41
「美少女検査室」は、「綾奈の内診台2」をもとにしているということだと思うよ。。
もう売らないということも含め、マルスにメールして聞いた。
綾奈の内診台2を読んだことないからしらないけど、展開とかが似てる
とマドンナスレに書いてた人もいた。

「ハンター1」もマルスサイトの「美少女小説」セットの中にあったものをベースにしてある。
元小説は、セットに含まれていない。
もちろん展開は元小説と似ていた。
>>途中で止めてお金返したのかねー
どういうこと?
連載終わらなかったの?



45 :
すまん、解りにくいと思うので訂正させて。
元小説は、セットに含まれていない。→元小説は、今はセットに含まれていない。
もちろん展開は元小説と似ていた。→もちろん「ハンター1」の展開は元小説と似ていた。

46 :
今回のことでマルスは二見からも厄介者に思われたんじゃないかね。
新作の評判もよくないし、そろそろ見切りをつけられるかも。

47 :
綾奈の内診台2は完結したら買おうと思ってたけど
最後まで連載中だったな

48 :
>>47
完結しなかったのか。
前金とってるのにひどいなぁ。
俺も週間配信が面倒だったんで完結したら買おうと思ってたんだけど、
そう考えた人多かったんだろうな。
連載中はあまり売れなかったんじゃないのかな?
で、マルスがやる気なくしたのかな?

49 :
マルスの年収ってどれくらいなの?

50 :
とりあえず別ペンネームとやらを探し出せ

51 :
本当に別ペンネームあるのかな?
なんで、サイトで宣伝しないんだろう?
エロ系じゃないのかな?

52 :
>>48
しっかりと最後まで完結したよ

53 :
完結したのか。
誤解だった。
マルスすまん。

54 :
>>51
放置してればそのうち
「誰とは言わないが俺は日本文壇の重鎮の御落胤」
とか言い出すだろ。
前世がどうとか言い出したらおもしろいんだが。

55 :
マルスのサイト見たら買う気が無くなるよ
読者攻撃したらイカンだろ

56 :
完結したとたん発売中止ってバカだろ
1買って待ってた奴もいるのに

57 :
「レビュアーを攻撃しただけなのになんで関係ない人が怒ってんの?」ってマルスは思ってるんだろうな。
たぶん今もなんでアンチを増やしたのか、よくわかってないんだろう。

58 :
マルスが怒るのは理解できる。
だが、マルス個人の人格を攻撃したわけでもないんだし、
圧力かけてレビュー削除させちゃいかんだろ。
大げさに言うと言論弾圧だぞ。
文章売って生活してる奴がすべきことではない。

59 :
まるすって面白れぇ〜、小説よりよっぽどイイ、うん、まるす、サイコォ〜。
こりゃ、☆五つだよ。
なんでこんなに嗤えるコメントをHPから削除するんだよ。
しかし、こりゃどこから料理すべきなんだwww。
大体、このレビュアーって「粘着」かよ?
レビューの日付(>>20,>>21)を見るとほぼ発売の時期に書かれてるし、もしレビュアーにそんな意図があったら、最初のレビュー時に既発の作品についてもレビューを上げてるんじゃないだろうか。
「粘着君は2ちゃんねるあたりに出没していそうだが」(>>31)についてもマドンナスレの過去ログを穿り返しても、まるすの著作の発売後に特にそれらしきレスが発見できないんだよな。
否定的な評価のレスがないとは言わんけど、いつものことだし特に不当に貶めるようなレスではないし…。
否定的なレスの内容もアマゾンのレビューとの関連性はなさそうだし、仮にレビュアー本人がカキコしてたら、アマゾンの酷評を多少なりとも仄めかすんじゃなかろうか。
してみると、まるすが「粘着君」というほどのことをしてたのかね、こいつは。
確かにレビューの履歴を見ると、ロリ属性の強い読み手だろうけど、拘りのあるジャンルだけに好みから外れた作品について評価が辛くなるのは普通にありがちだし、特にまるすを狙い撃ちしてるようには見えない。
アマゾンのレビューに比べて、遥かに悪意を垂れ流しやすいマドンナスレにその足跡らしき痕跡もないことだしね。
結局、このレビュアーって3年間かけて、評価の低いレビューを三つほど書いただけじゃないの。
だとすると、まるすの反応って、自意識過剰ぶりや、被害妄想を自ら喧伝してるんだよな。
さあ、ここからが面白い、まるすクンの珍走ぶりをまるすクンのHPに書かれた文章から採り上げて愉しもう。

60 :
>皆さん、今とんでもないことが進行中です。
まるすクンに「とんでもないこと」が起きたようだぞ、wktk。
>勿論amazonには苦情を入れ、二見書房にも相談しましたが、今のところどうにもなりません。
アマゾンも二見書房も驚いただろうね。
内心「うわ〜、電波クンが来たよ」って。
>これではせっかく調教されてイキまくった総勢五人の少女たちが浮かばれません。(笑)
って、自作の登場人物をさもこの件の被害者の如く引き合いにだされても……、失笑するほかないよな。
もしかして、いわゆるエスプリを効かせた表現というやつかな? このあたりが「プロの作家」の所以かもしれない。
>良いレビューも入れて中和させる手もあるようですが。
おお、つまり、まるすクンは自サイトを読んでる自分の読者に「遠回しに」お願いしているわけだ。
「私のファンは良いレビューを入れてください」と。
しかし、独り言の呟き風の遠回しな表現と思っているのはどうやら「プロの作家」を自認するまるすクンだけのようだぞ。
あまりにもあからさま過ぎてここでも失笑を買っていることには気づいてないようだ。
>ただ、これは私個人に対する粘着というより、二見書房マドンナメイト文庫に対する嫌がらせという結果になっていると思います。
>何故なら、私が出版しているのではなく、二見書房の出版物だからです。
>私は確かに不愉快ではありますが、実害はなく、出版社には実害が多少なりともあります。(>>26)
おお、どうやら、まるすクンは印税払いではなく買い取り原稿のようだ。
それで、実害のあった二見書房はなんらかのアクションを起こしたんだろうか。
それとも、まるすクンの担当編集者の「社をあげて善処します」等のいわゆる官僚的答弁でまるすクンは誤魔化されてるのか?
それは「何もしない」と同義なんだから、まるすクン、騙されちゃダメだ。
もっと、粘着してしつこく出版社のケツを叩かないと、出版社はなにもしてくれないよ。

61 :
>最悪レビューが続けば、ことが大事になる
だめだ、堪えきれない、大爆笑。
かつて、そういう事例が一度でもあったんだろうか。
うん、うん、わたしも楽しみだ。
「アマゾンの☆一つレビューに賠償請求」そんな記事が出て、その記念すべき最初のケースに我らが夜郎自大のまるすクンの名前が刻まれることを期待しよう。
>高村マルスの本をすべて買うべき
>すべて買って読まないと、高村マルスは理解できず、文庫本の方の真の評価も出来ない
いやあ、これも宣伝乙の一言では済まない含蓄に満ちた主張ですな。
真の評価のためには著作物総てに目を通しましょう、って一見正論、その実、不可能を強いてるだけ。
そもそも数行のレビューに「真の評価」や「客観性」を求めるまるすクンはなにかトンデモない思い違いをしているとしかいいようがない。
それに客観性の視点から上記のレビューを検証すれば、指摘されてる内容は当を得ているとしか思えない。
それこそまるすクンが求める極めて客観性に優れたレビューだよ。
むしろ、まるすクンが不満を感じているのはレビューの主観的評価の部分じゃないの? と素朴な疑問が。
>妙に楽しくなってきたので、今後もここにしつこく書いていくことにします。(粘)
うわ〜、出た! まるすクンの粘着宣言。
だけど、それならコトの経緯を有耶無耶にするような真似はしないで欲しいなぁ〜。
>ここでは詳細は省きます。
>詳述は避けますが、
なんて言っちゃダメだよ、まるすクン。
いやぁ、資料-4だけでこんなに笑えるなんて、アリガトーまるすクン。

62 :
本人乙。

63 :
被害者面してるのにやたら人を馬鹿にしたところとか、突っ込みどころが満載だもんな
マルスにまったく同情できないのはひとえに>>24の文章のすばらしさにある

64 :
マルスは今何をしてるの?

65 :
>>64
引き篭もりじゃね?

66 :
>>64
別のペンネームの作品に例のレビュアーからの五つ星がついていないかamozonを何度もクリックしてるよ。

67 :
別のペンネームって一体・・・?
単なるフカしなのかもしれないと邪推。

68 :
俺もそう思っている。

69 :
マルスの本は買わないよ。

70 :
頭の悪い仮想戦記のハシにも棒にも引っかからない作家とかじゃねーの?
マルスの別PNって。

71 :
花園やお茶会に連載してた頃のはよかったんだけどな、「俺と少女達」なんかネ申だし。
マドンナメイトで出てるのはどれもいただけん。ハンター1はリメイクだけあってそこそこ読めたが何か
世情のせいか微妙な改変があるし
その意味では実は例のレビュアーに結構共感してたわ、ちと星が辛すぎとは思ったが

72 :
だな
俺も「「俺と少女たち」を文庫化してほしい。
今やると妙に変な改変加えられそうなきもするが・・・

73 :
マルスの本は買いたくないよ。

74 :
俺と少女たちってどんな話なんだ?

75 :
今だに肛虐マニア美少女恥姦を凌ぐロリ物に巡り合う事ができん

76 :
>>74
バレエ少女の話と山の池で泳いでいた少女の話がある。
どっちもピーして写真とって呼び出してはまたピーなんだが
羞恥プレイが多く、その描写がかなりよかった。

77 :
マルスの本は怖くて買えない
感想を言っただけで読者攻撃するマルス怖いよ。

78 :
単に叫び声がうるさくてウザい。
マドンナメイトはこいつと睦月をさっさと切れよ。

79 :
粘着レビュアー問題
amazonのカスタマーレビュアーが、私、高村マルスの最近の三作品「美少女ハンター1」「美少女ハンター2」「美少女検査室」にことごとく悪い評価をつけていた問題に関して…
過日、すでに詳しい説明と経過を述べました。
ここでは詳細は省きます。
問題のレビュアーは、最初から悪い評価をする目的で高村マルスの本(マドンナメイト文庫)を読み、目的通りに悪いレビューばかり入れていました。
レビュー内容は上手に誹謗する文面を避け、もっともらしく書いていたので、レビュー自体は削除の対象になりませんでした。
彼は自分の身勝手な行為で、私だけでなく、出版社やamazonに迷惑をかけるということが分からない社会性のない人間です。
それぞれ対応に時間を取られ、悪い評価の影響でわずかでも損失があるかもしれません。
このレビュアーは嫌いな相手にまったく客観性を無視して、悪意のレビューを入れる問題児であることは明白です。
他の人に対しても同様のことを繰り返す恐れがありますので、作家諸氏に注意を促しておきたいと思います。
当方の求めに応じたamazonにより、新作の「美少女検査室」のレビューは非掲載となりました。


80 :
資料-11(>>34)から微妙に変更されていますので・・・。

81 :
amazonを動かした男としてマルスは伝説になりますた。

82 :
>>81
いやいや、動いてない、っつーの。
>>29より
>Amazonを通して直接彼とメールでやり取りできないか問い合わせましたが、それは出来ないが、
>「すべてのカスタマーレビューを掲載しない」手続きができるとのことでした。
>ですが、それでは私も皆さんにとっても味気なく終ってしまうのでやりません。(笑)
レビュー非掲載は最初のアマゾンの提案(つーか対応マニュアル)通りなわけ。
しかも、マルス本人は「それでは〜味気なく終ってしまうのでやりません」って公言していたから、お笑い伝説が積み重なっただけじゃないの。
その意味では伝説だw。
というわけで、以下連投になるけど失礼。

83 :
順番は前後するけど、取り敢えず新着の資料-12を見てみようか。
おやおや、まるすクン、HPの記載を微妙に変えたりして、ちょっとせこいぞ。
>「ハハハ、どうも高村マルスに良い評価を与えてくれて有り難う」(>>30) ←まさしく自作に出てくる頭の悪そうな陵辱者のセリフそのまま
>粘着君叩きの別名による落とし穴方式(>>31) ←さすが「プロの作家」による華麗なネーミング
等々を読めなくしちゃ、エンターティナーとして失格だぞ。
特に後者はスレ住人が固唾を呑んでその展開を、別のペンネームのカミングアウト共々心待ちにしてるんだからさ。
>妙に楽しくなってきたので、今後もここにしつこく書いていくことにします。(粘) (>>24)
>この件は引き続き書いていきますので、興味のある方は注目していてください。(笑)(>>27)
なんて書いてるんだから、「カッコ悪いから、ボク、止ぁ〜めた」なんてどこぞの総理みたいなことしちゃダメだぞ。

84 :
>最後に、このレビュアーは嫌いな相手にまったく客観性を無視して、悪意のレビューを入れる問題児であることは明白だから、(>>31)
>このレビュアーは嫌いな相手にまったく客観性を無視して、悪意のレビューを入れる問題児であることは明白です。(>>33,>>34,>>79)
うわ〜、こんなこと断言しちゃって大丈夫なのかな?
きっと、客観性に拘るまるすクンのことだから、このレビュアーのレビュー総てに目を通して自分以外に☆ひとつのレビューを繰り返されている著作者の存在をチェックした上で発言してるんだろう。
なにしろ、レビューひとつ書くにも総ての作品を読むべき、買うべき、なんて言う人だから。
その辺のこともきちんと☆ひとつしか貰えない作家の具体例を挙げて検証しないと、どこが「明白」なのかさっぱりわからないぞ、頑張れー、まるすクン。
「明白です」って言い切ったんだから「同様のことを繰り返す『恐れ』があります」じゃなくて、ボクと同じように☆ひとつしか貰えない作家がこれだけいます、って説明しなくっちゃ。
どうも、まるすクンは「プロの作家」という割りには論理的な文章が苦手な人のようだぞ、もっと、お勉強しなくっちゃね。

85 :
さて続いて資料-5をチェックしてみようか。
>いやあ、2ちゃんねるでちょっと盛り上がりましたな。
お、お、おーっ、公言しちゃった。
こんなことカミングアウトして大丈夫? まるすクンも2ちゃんねるを見ているって。
もしかして、自分の名前の冠スレッドが立ったことにわくわくしてるんだろうか?
このレスも読んでたりして……、う〜ん、これは細心の注意を払わねばなるまい。
なにしろ、やたら「実害」「損失」とか気にするお方のようだからね。
引用は原文を改変しないように気をつけないと。
>「すべてのカスタマーレビューを掲載しない」手続きができるとのことでした。
>ですが、それでは私も皆さんにとっても味気なく終ってしまうのでやりません。(笑)
って、おいおい、結局、そうしたんでしょうが。
もしかして、まるすクン、涙目?
あ、だから、自サイトからこのくだりを削除したんだ、うんうん、ちょっとカッコ悪いもんねー。
そういえば、マドンナの本スレではこの点に関する資料-10(>>33)を、まるすクンの「勝利宣言キタ━━━(゚∀゚)━━━!!」と評価する向きもあるようだけど、どこが勝利宣言なんだろう? 
もしかして2ちゃんねらーまるすクンのjienかな。
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/erocomic/1189785866/261

86 :
>二見書房さんの本なので、二見書房さんに一任しております。
とか言いながら、舌の根も乾かない内に
>《レビュアー君へ》 今、アマゾンに君と交渉できないか再度問い合わせているところだ。
>できない場合は、ここで続ける。(>>30)
なんて言うんだから。
まるすクン、自分の書いたこともすぐ忘れちゃうんだろうか、ちょっと心配だぞ。
あ、だから作品も金太郎飴、あわわわわ、もしかして禁句だったかな。
>☆ちょっとひと休み。
>またあとで…
まるすクン、お上手、パチパチパチパチ。
これだけ気を持たせてくれるんだから、どんなに凄いのかな〜、って期待、期待、wktk。

87 :
で、資料-6(>>26-27)を見てみようか。
この辺から、なんだか必すぎて、まるすクンがだんだん哀れになってくるんだよなー。
資料-6を意訳すると……。
「ボクの悪口を言うと、出版社とアマゾンに『実害』『損失』が出るんだぞー」
「出版社とアマゾンが怒ると怖いんだぞー」
「ボクは無関係だもん、その後ろで見守るだけだから、あとは、知ぃ〜らないっ」
うわー、とうとう他人任せにしちゃった。
>自主的に削除するのではないかと思います。(>>27)
まるすクンの期待に反して、全然、自主的に動かなかったね。
ま、世間ってこんなもんだから、ガッカリしちゃダメだぞ。

88 :
さぁて、いよいよ資料-7(>>29-30)だ。
まるすクンの頭の中に閃いたグッドアイデア、その名も「粘着君叩きの別名による落とし穴方式」(>>31でまるすクン御自身による命名)!!
その全貌が今、明らかに!!!
だけど、まるすクン、散々気を持たせられた挙句、ここまでお子ちゃまの喧嘩レベルの主張を得意気に書かれると(しかも、これ本人はマジなんだよな、ギャグで書いてるならともかく)、いろんな意味で気の毒になって突っ込めないじゃないか。
「粘着君叩きの別名による落とし穴方式」に顕れるまるすクンの思考回路って、その命名のセンスと相俟ってこうして畏れられるんだから大したモノだ。
だから、どうして削除しちゃったんだろう、もう一度HPに再掲すればいいのに。
>漫画の原作のほうは様々な理由で原作者の名前は出ていません
もう一つの突っ込みドコロだ。
クレジットされない原作ってどういうこと?????
必に考えたんだけどさ、つまりその漫画の権利関係には無関係っていうことかな。
対出版社としては存在しないも同然、そうなると当然、出版社から原作料も出ないことになっちゃうぞ。
出版社も経費計上するためには別名義であれ、原作者をクレジットしておく必要があるからね。
ということは、まるすクンがボクって原作者だ〜、原作料だ〜、って悦に入って懐に入れてる原作料があるとすれば漫画家のポケットマネーから出てるわけだ。

89 :
しかし、一般常識では原作者っていうのは共同制作者なんだよ、まるすクン。
単に、実作者である漫画家に多少のアイデアを提供して個人的に内々に多少の謝礼をもらう関係を原作者とは言わないんだけどね。
それでも「プロの作家」で言葉遣いに長けたまるすクンは特殊な意味で「原作者」の用語を使ってたりするんだろうか。
2ちゃんを見ていることを公言したんだから、このレスも見てくれてるのかな。
ここは是非とも「『名前は出てい』ない原作」についての説明もして欲しいなぁー。
あ、それからさ、自分が溜飲を下げるために「それは俺だ!」って発表する心積もりがあるわけでしょ。
「様々な理由」で名前が出てないなんて言ってるけど、そんなに軽々しく発表できるなら、その「様々な理由」っていうのも大したこと無さそうって思われちゃうよ。
だけど、そもそも「プロの作家」っていう割には覆面原作者(しかもノンクレジット)に甘んじるって、プロの物書きとしてのプライドはどこにいったんだろう、まさか、印税払いじゃない買取原稿の物書きだからって、自分を卑下してるのかな。
いやいや、もしかして、もしかすると、ロリ並みの精神年齢で自分の頭の中につくりあげた所謂「脳内原作者」だったりして。
ここはレビュアー君に頑張ってもらって☆二つを連発してもらって(どうやらまるすクンは「星二つ以上の評価」でも満足するみたいだからね
>>30)、一日でも早くまるすクンの「ハハハ、どうも高村マルスに良い評価を与えてくれて有り難う」を聞かなくっちゃ。
このスレでも>>50,>>51,>>66,>>67,>>70の諸氏が期待してるんだからさ、まるすクンは☆二つが別ペンネームの作品に付くまで「粘着君叩きの別名による落とし穴方式」は有効にしておかないと。
そのためにも頑張って別ペンネームや「『名前は出てい』ない原作」の方のお仕事をしないとダメだぞ。
応援しているよー、頑張れー、まるすクン。

90 :
>ID:Fwd9zgzH
キモい。

91 :
長文引用はすげーうぜーな
読む気しねー

92 :
アマゾンレビューアーがキチガイの粘着アンチだったってことの証明だな。
マルスもこんな奴に釣られてカワイソウに・・・

93 :
>>92
マルス乙

94 :
>>79
>彼は自分の身勝手な行為で、私だけでなく、出版社やamazonに迷惑をかけるということが分からない社会性のない人間です
自分を客観的に見れない頭の可哀想な人だったんだな。マルスって。
その言葉は丸ごとすべてお前に該当してるんだよ。
>他の人に対しても同様のことを繰り返す恐れがありますので、作家諸氏に注意を促しておきたいと思います
おまえの駄作の問題を作家全体の問題にすりかえてんじゃないよ。それこそ作家諸氏にとって迷惑だろが。

95 :
このレビューアーの他の本への評価を見ると、自分が気に入らない点があると
良い所を全然評価せずに☆一つにしちゃうようです。
これだと他の作家にとっても迷惑ってのは当たっているかな。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4829614722/

96 :
ていうか、読者のレビューってそんなもんですがな。
金もらってヨイショする必要もないし。
それに過剰反応して噛みつく作家の方が問題。

97 :
>>96
そうか?
俺なら好きな作家は広めたいと思うけど
嫌いな作家なら別にレビューしないぞ。
嫌いな作家にレビューしたとしても1回だろうな。
本スレでも誰かが指摘してたけど
何ゆえに3回も連続最悪レビューするのか理解できないよ。
どうしてなの?
こいつ以外にこんなレビューを官能小説にする奴ってアマゾンにいないだろう。

98 :
>>97
同じ作家でも3冊とも違う内容だから3冊とも星一つにされても
別におかしくないよ、むしろ星一つでもありがたいと思わなきゃ。
レビューした人はロリ好きだから信頼できるし俺としては地雷本を
回避できて非常にありがたいよ。

99 :
>>97
金出して買うのは少なくとも今回は面白いだろうと期待しているから。
それが坂道を転がり落ちるように駄作を連発してりゃ評価が厳しくなるのも仕方ないだろう。
俺だって初期の作品には五つ星をやりたいが最近のは擁護のしようもない。
マルスがここまで被害妄想に陥ったのは、自分が崖っぷちにあるのを自覚してるからだと思う。
ただ残念だけどもう復活はないかな…。

100read 1read
1read 100read
TOP カテ一覧 スレ一覧 Pink元 削除依頼

■ 『妻と勃起した男達』 体験告白BBSを語るスレ (413)
「二次元」「美少女」Hライトノベル総合スレ第111冊 (513)
音乃夏 (633)
ハーレム属性総合スレ (64)
チバトシロウ (242)
ゴージャス宝田を語るスレ Part.5 (256)
ロリ巨乳が出てくるエロマンガ2 (633)
〜ゆきやなぎ〜 奥様の憂鬱な午後1時 (264)


















さらに見る