1〜終まで読む 100〜終まで読む
2013年10キャラサロン221: 風俗・援交スレ 4枚目 (788) TOP カテ一覧 スレ一覧 Pink元 削除依頼
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

風俗・援交スレ 4枚目


1 :2012/08/26 〜 最終レス :2013/10/04
ここはお金を払ってキャラとエッチなことをするスレです。
シチュエーションやプレイは自由ですが希望やNGは予め伝えるようにしましょう。
男性名無しさんのキャラ待ち待機は禁止です。
前スレ
風俗・援交スレ 3枚目
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1314722941/
過去スレ
風俗・援交スレ 2枚目
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1302271702/
風俗・援交スレ
http://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1277629648/

2 :
保守

3 :
風俗嬢に金払うからハメて と言われたい妄想

4 :
【お相手との続きにお借りする】

5 :
>>1スレ立てありがとう】
(前スレの続きから…)
あぁ、可愛い後輩だよ
年下でありながら中々見所のあるおのこ(男子)なんだ
しかし学生同士でこんなプレイをする訳にいかないだろう?
貴方の様な素敵な方に巡り合えて良かったよ
あ、あまり…見ないでくれないか
恥ずかしいじゃないか…
(男の突き刺さる様な視線に冴子は身を小さくして)
そんな…数は多くないぞ?
二、三人といった所だろうか…
分かった…開くから……
(ショーツの紐を解かれると足を左右に開き)
(既に濡れ始めている秘所を男の前で曝け出してしまう)
これが、私の秘密の場所だ…
(冴子はこの状況に興奮しているのか顔が上気していて)
【こちらへの誘導感謝するよ】
【こちらでも改めて宜しくお願いする】

6 :
>>5
飼われたいんだろ…ならば拒否してはいけない
恥ずかしくても我慢するんだ
(突き刺さるような視線だけでなく、唇を秘部に押し付けると舌で弄り)
二、三人…にはいなかったようだな、冴子を飼えるほどの男は
(自分ならという思いで膣内をかき混ぜて)
まだ綺麗なもんだな、これが今日からは…
(自分のものというように覗き込み、指を入れて大きく広げる)
まずは何より、具合を確か編めるのが先決か?
冴子の準備は出来てるようだし……
(冴子の身体をひっくり返してうつ伏せにすると、背後に回って裸になり)
さあ冴子、尻を突き出して強請るんだ…できたら褒美をあげるから
(股の間にペニスを入れて、秘部をノックする容易軽く触れさせる)
【ああ、こちらこそ…だな】

7 :
>>6
【済まない…そろそろ休む時間になってしまった】
【次回はいつが空いている?】

8 :
>>7
【明日か明後日、今日と同じぐらいの時間で大丈夫だが】
【冴子はどうかな?空いてなければ週末だけど】

9 :
>>8
【こちらも水曜が空いている】
【待ち合わせは21時でどうだろうか?】

10 :
>>9
【そうだな、水曜の21時に待ち合わせよう】
【今日はありがとう、おやすみ】
【スレを返します】

11 :
援助交際なんて、もうやめたいのに…ぅ…
(前回散々な目にあったのに、また来てしまう)

12 :
おや、お譲ちゃん可愛いね。
おじさんと遊ぶかい?

13 :
>>12
え!?い、いえ、そのいいです
そ、そういうこと興味ないし…

14 :
いやいや、気持ちいい事好きでしょ?
おじさんお金は持ってるからさ。
行こう行こう!
(手を掴んで引っ張ろうとする)

15 :
あれまー、残念。

16 :
【誰かあたしを買ってくれるおじさんとかいないかしら】
【今月はちょっとピンチだから、お金を弾んでくれると嬉しいけど】
【前々から愛人にしたがってるとかでも、いいわよ】
【ゆくゆくはあたしと一緒になってくれたり…なんかもいいわね】
【プレイ内容はハードなのは苦手だから、優しくくんずほぐれつ求め合いたいわ】
【漫画みたいにお風呂でいちゃいちゃするのもいいわよ】

17 :
お、おじさんが買ってもいいかい?

18 :
>>17
【ふふっ、あたしに興味あるんだ、おじさん…】
【おじさんはどういう人なのかしら?】
【年齢は40代くらいのおじさんが好みだけど…それ以上でも、大丈夫ね】
【買うくらいだから、社会的地位もあってあたしを愛人にしたがってる人なら、言うことないけど…】
【文の量も割と多いと思うから、ちゃんと対応出来る人なら嬉しいわ】

19 :
【じゃあ、40台くらいの、割と収入のあるおじさんという事でいいかな?】
【以前から君を愛人にしたがっていたという事で】
【どうだろう?】

20 :
【ぬお、このタイミングで急用落ち。申し訳ない】

21 :
>>19
【ええ、じゃあ、おじさんはその設定で宜しく】
【見た目もお世辞にも良い方じゃなくて、肥えてる感じだといいわね】
【あたしもHには慣れてる設定にしておくわ】
【あたしの手で、おじさんを悦ばせるのも嬉しいし、心地良いからね】
【衣装はどうしよっか?制服のままでしちゃってもいいけど、お風呂でするなら水着でもいいわ】
【内容的にはどちらも、おっぱい触ったりキスしたり、愛撫でじっくり可愛がって欲しいけど】
【キスは大好きだから、ねっとり舌を絡めながら、沢山触ってくれると嬉しいわね】

22 :
>>20
【あ…いっちゃったか…急用なら仕方ないわね】
【もうちょっと待機してみるわ】

23 :
【出直した方がいいみたいね、落ちるわ】

24 :
【魔力で操られて風俗邸で働くことになったキャスカ】
【本当にこのまま客を取ってしまうのかそれとも誰かが救ってくれるのか】
(日が暮れ始めた中、さびれた街角に立って腕組みしながら人を見さだめている――それは丸で暗士が小路で獲物を待つかのようで)

25 :
――客はいないようだな。
(消えるように立ち去る)

26 :
褐色の女が抱けると聞いたのにちょっと遅かったか
また来ようっと

27 :
【最高の娼婦とスレを借りる】

28 :
【スレを借りますわね】
>>27
【では、書き出しますので…あまりレスのスピードは期待しないで。、待っていて欲しいですわ】

29 :
【わかった】
【このまま待つとしよう】

30 :
(市内でもっとも大きい、高級ホテル……駒王レインボーホテル)
(その玄関ホール先に止まったタクシーから降りると、ロビーカウンターで、部屋を確認する)
有難うございますわ
それから…私が、間もなくそちらに向かう、と……旦…ではなく、お部屋の素敵な殿方にご連絡しておいていただけるかしら?
(言伝を頼むと、一礼し、エレベーターに乗り込んだ)
(ホテルで制服姿…と言うのはやや珍しく映るかも知れないが)
(ここに訪れる時は制服の方が多く、奇異の目で見られることは、ない)
(性に対する興味から、行きずりの男たちと重ね続けてきた情事)
(基本的に同じ男性と、二度寝ることは無かったが……今向かっている、その男だけは別だった)
(安いラブホテルではなく、高級ホテルであるここを毎回逢引の場に指定するだけの経済力や社会的地位はあるらしい)
(そして……今まで身体を重ねた男たちの中で、最も性戯に長け、幾度も幾度も自分を泣かし、本当の「イク」という事を自分に教え…)
(再会を問われた時、断れなかった、ただ一人の男)
(結婚指輪を見る限り、既婚者なのだろう…つまりこれは不倫であり、そうでなくとも未成年売春である)
(けれどその事を忘れさせ、タブーを犯させるほど、男との逢瀬は素敵な夜を、約束してくれた)
旦那様、お待たせしました…姫島朱乃ですわ
(気がつくと、エレベーターが止まっていた。最上階に着いたらしい…)
(早くも胸が高鳴るのを感じながら、ほんのり頬を染め、指定された部屋に向かうと…小さく、しかしはっきりと、ノックした)
【必要ないかもしれませんけど、私の制服姿です:http://moe2.homelinux.net/src/201209/20120901308607.jpg
【最初ですので、状況の説明と旦那様への気持ちを描く形になっていて、反応が返しにくいかもしれませんけれど、宜しくお願いしますわ】
【主導権はお任せしますので、消化したと思った部分は切って次の展開をどんどん描いて貰って構いませんわ】

31 :
>>30
わかった。ありがとう。
(受話器を取ると短く返事をして内線をきる)
(その一連の動作には迷いはなく、すでに慣れてしまっている所作である)
(重そうに身体を持ち上げるようにして立ち上がると、来ていたスーツに手をかけた)
(ちらりとバスルームに目をやったが、身体を洗わずにバスローブに着替えると、ちょうどノックの音が)
(はめていた指輪をベットの脇に置く。最初こそはつけたまましていたものの、いつしか彼女とするときは外すようになっていた)
やあ。待ちあ詫びていたよ、朱乃。
(未成年とは思えないほどの肢体を持つ少女を迎え、扉を開けると、唐突に抱きしめる)
(大きなお腹がつっかえるのを感じたが、構わず抱きしめると、扉を開けたままその唇に自分のを重ねる)
(あいさつ代わりの軽いキス。しかししっかりと唇を濡らし、唇を吸い取るように吸い立てる)
っちゅく……さあ、行こうか。
(広いベットルームへエスコートするために道をあけ、彼女の腰…スカートの上から臀部に手を添えて歩みを促す)
(幼さを消し、妖艶ささえ醸し出す制服姿に、枯れ切ったはずの性欲が復活し、血色がよくなる)

【それではよろしく頼むとしよう】
【わかった。だがそちらも主導権を握ったかのようにふるまってくれても構わないから】

32 :
>>31
失礼致しますわ
お久しぶりで…っ…!…あらあら、相変わらずお盛んですのね…焦らなくても私は逃げたりしませんわよ?
(前の逢瀬から約半月、といった所だろうか)
(それでも男の多忙さからすれば、これもかなり、無理をして開けてくれたのだろう…自分のために)
んんっ!…ちゅぅ…はぁ…♥扉、開けっ放しですわよ…誰かに見られたかもしれませんわ…
見られながらするのも、それはそれで興奮しますけれど…今日はよしなに、お願いしますわね
(招き入れられると、身体を抱かれ、そのまま抱擁と共にキスをされ、朱乃はうっとりとした表情でそれを嫌がる事なく受け入れる)
(何故だろうか………不思議とこうしていると、まるで今日初めて、夜を共にするかのように緊張し、胸が熱くなってしまう)
旦那様も忙しいのに…お仕事の方は宜しかったんですの?今夜は時間はたっぷりあると仰っていましたけど…無理してないのかしら?
(先ほどのキスでやや頬を朱に染めながら室内にエスコートされ、そのままソファーに、隣り合って座った)
(テーブルの上には朱乃が来て一緒に飲むつもりだったのか、氷水に冷やされた高級ワインとグラスが用意されていた)
…旦那様、まずは喉を潤しませんこと?外は最近暑いですもの…あらあら…グラスが1つしかないですわね…
私なら旦那様に飲ませて差し上げればいいだけですけど…
(朱乃が来る前に一杯するつもりだったのか、それとも意図的に1つしか置いてなかったのか…グラスは1つだけだった)
(何かを企むような顔で隣に座っている大柄な男を見つめるが、それが何を意図しているのか…余程鈍感でもない限り分かるだろう)

33 :
【すまない、そろそろ眠くなってきた】
【ここでいったん凍結を頼めるか?】
【次は月曜の夜が空いているが……】
【返事はまた明日、確認しよう】
【悪いが先に休ませてもらう】

34 :
>>33
【あら、残念ですわね…これからでしたのに…次は月曜日で構いませんわよ】
【時間帯も1日空いていますわ、旦那様の都合に合わせられると思いますし…】
【ええ、では後日私も返事を確認しますわ、お休みなさいませ、旦那様】
【スレをお返ししますわね】

35 :
プレイ中に興奮した姫に、金払うからハメてと言わせたい

36 :
男のロマンですね

37 :
金曜日

38 :
そうだ、カツカレー食べよう

39 :
>>38
ホテルニューオータニSATSUKI「ありがとうございます、サービス料含め3520円になります。」

40 :
部活関係で結構お金を使うから、ってバイトを始めようとした私が
色々あって援交をしちゃう…みたいなのでお相手してくれるおじさん、いないかな?
もう何度もデートしたり、エッチしてて…私の身体をモノにしちゃってる感じか
初めての援交に緊張してる私にいい人ぶりながら、生でしちゃう…感じがいいな。
激しく求められたり、変態ぽいプレイも取り込んでみたいかもしれない…

41 :
無駄に優しい言葉や安心させる言葉を言いながら
澪を求めて中出し種付けを決めるわけか…いいね

42 :
>>41
そ、そんな感じ…だな。
面と向かって口に出されると恥ずかしい、けど…。
えっと…私の相手をしてくれるのか…?

43 :
澪ちゃん、じゃあおじさんと遊ばない?

44 :
そして誰もいなくなった?

45 :
>>42
お相手いなくなっちゃったのかな…
よかったら、相手してくれる?
初めての援交に緊張してる澪を相手をしたいなって…

46 :
人多すぎワラタ
殴り合いで決めろw

47 :
澪ちゃん自身に決めて貰うのが最も適切だろうね。

48 :
荒らしにかまうなよ

49 :
早い者勝ちに決まってる。

50 :
あほか
早いやつが地雷だったらどうすんだよ
みんな泣くだろ

51 :
泣けばいいだろ

52 :
ご、ごめん。
いつの間にか、こんなに人が…。
>>41の人は、もういないみたいだから…
次に声を掛けてくれた>>43さん、私の相手…してくれるかな…?
>>45さん、ごめんなさい。また機会があったら、その時は…よろしくお願いします。

53 :
>>52
分かったよ。それじゃあ宜しくね。
おじさんは、既に何度も身体を重ねて澪ちゃんをモノにしている所から
始めたいんだけど、それでいいかな?

54 :
>>53
うん、よろしくお願いします。
ぜ、全然大丈夫…だけど、私はどんな感じがいいかな。
エッチに体は慣れてるけど、未だに恥ずかしがったりするのか
おじさんに抱かれ続けたせいでエッチに夢中な感じになってる…とか。
どういうのがいいか教えてくれたら、私から書き出すよ。
えっと、もうホテルに入ったところとかでいいかな…?

55 :
>>54
おじさんに何度も抱かれて、エッチに夢中になってる感じがいいかな。
「おじさんとじゃないとダメ」な感じがいいね。
それじゃあ、ホテルに入った所からで、書き出しお願いしてもいいかな?

56 :
>>55
【わかった。じゃあ…エッチな事にあんまり抵抗がない感じでいこうかな】
【改めて、よろしくお願いします】
(今まで何度も一緒に泊まったホテル。初めての頃は落ち着かなさそうにしていたが)
(もう慣れたようで、おじさんの腕を抱いて、ぴったり寄り添いながら)
(時折、制服越しの豊満な胸を押し当てつつ、部屋へと一緒に向かっていき)
おじさん、今日は何をしたい?
シャワーを浴びながらとか、いつも通りベッドで普通に…でもいいけど…。
(部屋に辿り着くと、耳元に唇を寄せて、今日の希望を聞く)
(おじさんのしたいことなら何でも応える、そんな雰囲気を漂わせながら)
(まだ何もしていないのに、熱っぽく潤んだ瞳を向けて)

57 :
>>56
【こちらこそ宜しくね】
(今まで何度も澪ちゃんを抱いたホテル。今日も一緒に入っていって)
(豊満な乳房の感触を感じつつ、部屋へと入っていく)
そうだなあ。
まずは、澪ちゃんの身体を見せてくれるかい?
おじさんの為だけにね。
(手を伸ばし、潤んだ瞳を見つめ返しながら頬を撫でる)
(そのまま、まずはその身体を全て視姦しようと、制服の上から身体を見つめ)
(反対の手で、ズボンの上から既に勃起しているそこを見せつける)

58 :
>>57
え、私の身体…?
…んっ…おじさんが、見たいなら…。
(考えていなかった案に目を丸くするが)
(頬を撫でられて小さく震え、とろんとした表情で頷く)
(いやらしい視線が身体に纏わりついてきてゾクゾクし、ズボン越しに勃起した)
(ソレを見ると、いつもおかしくなりそうなくらい突き上げられるのを思い出し)
(ショーツのクロッチ部分をこっそり汚してしまいながら、まずブレザーを脱ぐ)
…じゃあ…脱ぐね…?
(次に胸元のリボンを解き、おずおずとブラウスを脱ぐ)
(すると黒の大人っぽいブラと胸の谷間、白い肌が見えるようになり)
(スカートをすとんと床に落とす。ブラとお揃いのショーツを晒すと、あとは下着とソックスだけに)
………裸、の方がいい?
(おじさんがどちらを望んでいるのか、興奮に頬を上気させつつ、首を傾げ)

59 :
>>58
そうだよ。
澪ちゃんの身体、見せてくれるかい……?
(とろんとした表情を見つめ返しながら、優しくほほえむ)
今日も可愛い下着だね。
(ブラとショーツが見えると、その様子を見てゾクゾク身体を震わせる)
(今度自分で選んでプレゼントして、それを着て貰おうとも考えて)
そうだね。
下着姿も可愛いけれど、やっぱり……君の全てを見たいな。
(手を伸ばし、再び頬を撫でて瞳を見つめると、優しく囁いて)
全て脱いだら、おじさんの服を全部脱がせてくれるかな。
そしたら……ひとつになろうか。

60 :
【うわ、ほんとごめん!急に呼び出しが掛かってしまったよ】
【また機会があったら是非お願いします】

61 :
>>59
かわいい、かな?
おじさんに言ってもらえると嬉しい…。
私の…全て。ん、ん…わかった…。
全部脱いで…おじさんを脱がせたら一つになる。
早く、私を抱いてほしいから…。
(頬をまた撫でられると、リラックスしながら、こくんと頷き、ソックスを脱ぐ)
(躊躇なくブラを外して揺れる胸を見せつけながら、ショーツを下ろすと)
(股間の部分が透明な糸を引いてるのがおじさんに見え、ようやく全裸になる)
(生まれたままの姿でおじさんの目の前に立つと、ネクタイを外し、ワイシャツを脱がし)
(早く抱いて欲しいと言わんばかりに性急にズボンも下着も脱がしてしまう)
(お互いが全裸になると自らおじさんに抱きつき、柔らかい女の身体を擦り寄せる)

62 :
>>60
【う、うん…わかった】
【付き合ってくれて、ありがとう】
【こちらこそ。気を付けて出掛けてね】
(……身体が、あつい…)
(…このまま、一人でシちゃおうかな)
【それじゃあ…ここはお返しします】

63 :
>>62
【お疲れさま、また来てね】
【…相手したかったけど】

64 :
待ってた名無しは哀れだなw

65 :
【出典】 BLEACH
【希望プレイ】 生活費の足しに援助交際 場所は主に一人暮らししてるアパートの自室
         基本的にゴムあり 唇へのキスは× フェラ・パイズリOK ごっくん・ぶっかけOK コスプレOK 
【NG】 スカ SM

【こんな感じで待機してるね】

66 :
ゴムハメかあ。
おっぱいはたっぷり弄くっていいのかな?

67 :
【生活のためとはいえ最後の一線は超えさせない感じなのかな】
【あと、そのトリ割れてるよ。らしくていいけど】

68 :
過去に荒れた作品のキャラで割れ酉で休日の時点で釣り目的

69 :
【っと、ちょっと遅かったか…失礼しました】

70 :
>>66
えっ?えっ、まあ、あはは…………い、いいよ?
>>67
そ…そうなの!?
変えたほうがいい…?
うん、基本的には
でもたまに、雰囲気の持ってきかたが上手い人が相手だと、流されちゃう時もある……かな

71 :
じゃあ、おじさんでいいかな?
お嬢ちゃんの部屋でさせてくれるのかい?

72 :
>>71
うん、その、ホテルとか緊張しちゃって…
それに何となく、家のほうが落ち着いてできるし……
(答えながら、アパートのドアの鍵を開ける)
あ、上がって
コーヒーか何か、飲む?

73 :
確かに落ち着いて出来るね。
でも、おじさん毎日来ちゃうよ?こんな可愛いお嬢ちゃんが住んでたら。
お邪魔しまーす。
(辺りをキョロキョロ見渡して)
それじゃ、コーヒーを貰おうかな。
ミルクはお嬢ちゃんのおっぱいで……なんてね。
本当に服の上からでも大きいのが分かるね。
すぐみたくなっちゃうよ。

74 :
>>73
毎日はちょっと、困っちゃうかも、あはあ…
(赤くなった頬をかきながら、ドアを閉める)
(ごく普通の、どこにでもあるアパートの一室だ)
(テーブルの前にクッションを敷き、いそいそとおもてなしの準備をして)
え!?み、ミルクはでないかな……
……………ん………見たい?私の……お、おっぱい……

75 :
おじさんが毎日来たら、生活費なんかすぐに貯まっちゃうよ。
それとも、おじさんの愛人になるかい?そうすればすぐに……ふふっ。
おー、可愛い部屋だね。
うん。そりゃあ見たいよ。
どんなブラとパンティ穿いてるのかな?それにも興味あるし。
おっぱい……見せてくれるかい?
(股間を勃起させながら彼女を見つめて)

76 :
【あれれ、いなくなっちゃったかな?】

77 :
>>75
そ、それはちょっと…
ありがたいけど、やっぱり、自分の面倒は自分で見ないと
(申し訳無さそうな顔で謝りながらも、そこには芯の強さが見て取れる)
…うん……
(盛り上がるズボンの前にどぎまぎしながら、膝立ちになり、制服の裾に手をやると、ベストごと上着をぐっと捲る)
(白とピンクのボーダー柄のブラに包まれた、中学生らしからぬ巨乳は脱ぐとさらに大きく見えた)
(胸元までめくると、今度はスカートを掴み、ちらちらと、上目遣いに名無しの様子を伺いながら捲って…お揃いのショーツを露にする)
んしょ、っと………どう、かな…
(羞恥に肌を火照らせて、ブラのフロントホックを外すと…美爆乳が、こぼれおちた)
(何十人もの男に身体を売って、揉まれ続けたそれは、揉まれすぎてか若干たれ気味だが、途轍もなく柔らかそうで…)

78 :
そうかい?
じゃあ、また会えた時にはたっぷりお願いしちゃおうかな。
うおお、可愛いブラジャーだね。
それに……本当に大きなおっぱいだなあ。
パンティも可愛い……お揃いなんだね。
(自分で膨らんだ股間を撫でながら、彼女のストリップショーを間近で鑑賞する)
うおお、柔らかそう……!
(目の前にこぼれ落ちたおっぱいを間近に見つめて)
さ、触ってもいいかい……?
(思わず目の前に移動すると、手を伸ばしておっぱいに触れようとする)

79 :
>>77
そ、そんなじっと見ないで………
可愛いかな、あんまり、そういうので選んでないから…
(遠慮の無い視線に、ちょっと口を尖らせて抗議しつつも)
(恥ずかしいのを我慢して、隠そうとはせずに、自分の身体を見てもらう…)
恥ずかしいよ……ちょっと、垂れてるから…
…や……優しく、ね…?
(胸に集中する視線に、照れ隠しで言い訳して)
(伸ばされた手にちょっとだけ怯えながらも、逃げたり拒絶したりはしなくて)
ん……っ
(やわやわもちもちの、男を誘い夢中にさせずには置かない淫乳に触れられて、小さく喘いだ)

【えっと、今日はここまでで…いい?寝落ちしちゃいそうだから…】
【今日の夜また続きとか、できたらいいんだけど…】

80 :
【それじゃあ、続きは今晩お願いしようかな】
【続きを楽しみにしているよ】
【時間は指定してくれるかな?】
【それじゃ、おやすみなさい】

81 :
>>80
【じゃあ、22時で】
【10月9日の、22時。伝言で待ってるから、そこで一回待ち合わせて、ここに移動、でいい?】
【お疲れ様、おやすみなさい】

82 :
【分かったよ。それじゃあおやすみ】
【スレをお返しします】

83 :
待ってる

84 :
淫乱・巨乳・M、のパッチがダウンロードされてる
セクサロイドの私を買ってくれる人ーっ

85 :
確かにお金払って買ってるな。
気になるお値段は?

86 :
>>85
ふふっ、今なら安くしておきますよ〜?
一晩・何でもありで……このくらいっ!
いかがですか?
(指を二本、ぴっと立てると、ニコニコと微笑んで)

87 :
>>86
おおっ、2万円?
ミクと一晩ヤり放題でそれは安いなぁ…
よし決めた、買うよ!
(指の本数に大きく頷くと、微笑んでるミクの傍に立って)
支払いは後?それともセクサロイドってくらいだし、クレカの読み取りもできたりして?
(冗談っぽく言いながら、期待に満ちた視線を送る)

88 :
>>87
はいっ
わぁ! ありがとうございますっ、お兄さん♪
(傍にやって来た男性が買うと宣言すると、ぱっと笑顔になって)
(無邪気に抱き付くと、柔らかい巨乳がむにっと思いっきり当たる)
んー…後からで大丈夫ですっ
えへへ、どうでしょう? エッチのときに読み取る場所を探してみてください♪
(期待の眼差しを受けると悪戯っぽくウインクして、男性を煽り)
(抱き付いたまま腕を引いて、通りかかったラブホテルへと入っていく)

89 :
>>88
そうだね、ミクの体の隅々を調べてあげるよ
内側もじっくりとね…楽しみだなぁ
(柔らかい巨乳を腕に押しつけられて、それだけで軽く興奮しながら)
(ミクと一緒にラブホテルへと向かって歩いていく)
(その最中、手をお尻に回すとスカートの上からそちらの柔らかさも確認するように撫でまわし)
…そういえば、ミクといえばあの早口も魅力的だけど、どんな舌の動きしてるのかな?
ちょっと俺に教えてみてよ
(空いてる部屋を選んで鍵を手にし、エレベーターに乗ると)
(そのほんの僅かな時間を惜しむようにミクにキスをして、舌を差し込んでしまう)

90 :
【俺じゃダメだったかな、スレをお返しします】

91 :
hh

92 :
女子高生の私を買って、青姦とか人目のあるところでエッチをしてしまうような
性欲がたっぷりあるおじ様を募集してみますね?

93 :
さあ、我に身を委ねよ……♥
(仮面と、柔肌を透けさせる薄絹のような装束を纏った、豊満な肉体の、女神のような女がベッドの上から手招きする)

94 :
そんじゃさっそく…
(飛びついて豊満な乳房に顔を押しこみグリグリさせる)
んー極楽気分♪

95 :
>>93
風俗シチュってことでいいのかな?
本番中出しアリ?

96 :
>>94
ふふふ…。
(名無しの頭を、まるで子供にするように撫で回す)
>>95
その理解で合っているわ。
どちらも……あなたの思うがままよ。

97 :
>>96
このコスが感触いいよな〜
スベスベしててさぁ…オッパイもおっきくて柔らかいしさ
はむっ、もふもふ……
(薄い布地越しに乳房に頬ずりしては、透けている乳首を啄ばんで)

98 :
>>97
母親の愛情が足らなかったの?
仕方の無い子……あっ、はァン、ッ……!!♥
(乳首を噛まれ、びくっと身体を震わせる)

99 :
>>98
母性たっぷりのこのデカパイに甘えたくてさ
はむっ、んちゅんちゅ…
(布地をずらして乳首に直接吸い付く)

100〜終まで読む 1〜終まで読む
1〜終まで読む 100〜終まで読む
TOP カテ一覧 スレ一覧 Pink元 削除依頼
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]